淡「私がチョロいって風潮」

淡「ありえないから」

淡「証明してあげるから、あんたらもよーく見ておきなさいよ」


淡「やいやいキョータローでてこーい!」

京太郎「おう、淡か……どした?」

淡「出たなキョ……す、スーツ…?髪型オールバック…?」

京太郎「ああ、東京にある龍門淵の関連企業で大きなパーティやるって言うから
    透華さんが何でか知らんが俺にも是非来て欲しいって…そんで、ちょっとめかし込んだんだ

    …なあ、似合うかな?」

淡「あわ、あわわわわ……!
  (は、破壊力やばいよぉ…こんなのがパーチーなんかに出たら哀れなメスどもがその場で想像妊娠しちゃうレベル…!
   そのリューモンブチのなんちゃらなんてのもきっと想像臨月まで行っちゃうよぉ…!

   こ、ここはこの淡ちゃんが止めないと!悲劇が起こるその前に!オペレーション・パーソンオブインタレスト開始!!)」

淡「キョータロー!」

京太郎「ん?」

淡「アンタただでさえイケメンなんだからスーツなんて兵器だよ兵器!ちょっとは自覚しなさい!
  正直言うとめちゃめちゃ似合ってるし、興奮して濡れたし、あとぶっちゃけ妊娠した!
  (そんなパーチーいかないほうがいいよ!成金どもが庶民のキョータローを笑うために呼んだに決まってるから!)」

京太郎「は?」

淡「……………

  ……………


  ……………………え?」



結論:チョロいのではなくアホの子なだけでした


追記 結局パーティーには出席しました


女A「あ、あら?私なぜだかすっぱいものが欲しくなりましたわ」

女B「つわりが…!」

女C「は、破水確実っ…!」

透華「うっ、出産しましたわ…!名前は透太郎というのはどうでしょうか」

ハギヨシ「素晴らしいお名前かと…」


そしてハギヨシの頭痛薬の量が増えたとか


カンッ