全国決勝前───咲は一人、休憩室で佇んでいた。
難敵との幾戦を重ねて、早決勝。
ここで来て姉という壁に当たる緊張に、胃が破れ千切れそうだ。
猶予は幾許も無い。どうしようもなく響く心臓の音は、咲のコンディションを着実に落としていた。

「どうしよう。やっぱり、怖いよ」

最後という最後に、皆が味わったであろう恐怖感が侵食する。
噫。それは、なんて────孤独。
「ジュース飲みに誘いに来たら……おいおい、『宮永咲』はそんな程度で夢を諦めちまうのか?」
「き、京ちゃん!?」
そんな静寂な空気をかき乱すかのように、何気なく彼はやって来た。
幼なじみで、同じ部の唯一の男の子で。周りは夫婦だの何だのとチヤホヤしてきたけど、そんなつもりは無かった。
むしろ、どこか距離を置いていた気がする。彼が忙しすぎただけかもしれないし、彼を好む他の女の子に配慮していたかもしれない。

「隣、座るぞ。」

うん、と静かに答えを返すと彼は無作法に、遠慮なく近くに座ってきた。
コイツは俺の奢りだ、と言って渡してきたジュースを飲むと、少しだけ楽になった気がした。
そんな様子を見ると、彼は安堵しておもむろに語りだした。
「俺が始めて咲を麻雀部に誘った時のこと覚えてるか?
 あの頃は、同じ幼なじみのお前があんな特技を持ってるなんて知らなかった。
 結構昔から見てきたけど、お前の家の事情とか何も知らなくて、自分の中じゃ大恥だった。
 それでも俺は、お前を麻雀に誘った。これって、何かの縁なのかもしれないなって思ったけど、違うかな?」
柄にも似合わない事を感慨深く言い始めて、何か不審にさえも思った。
でも、私はなんとなく理解した。これが彼なりの気配り、心配してくれているんだと。

「───うん、多分これって運命なんだって思う。宿命、と言ってもいいかもしれない。
 男の子の京ちゃんが、麻雀に勝手にハマって、知ってるって言っただけで強引に誘うなんて。
 ……きっかけは、全部京ちゃんのせいだよ。まったく。」
オイオイ全部俺の責任かよ、と彼は笑い半分に悩みだした。
だけどそれが環になり部長、染谷先輩、優希ちゃん、そして───原村さんにも出会えた。
色んな強敵とも出会い、和を結んだ。アレ程嫌っていた麻雀が、私をここまで変えてくれた。

「俺は、俺はさ。自分が楽しく麻雀が出来ればそれで良いと思っているんだ。
 でもお前たちの豪運や天賦の才能を見て、己の弱さに絶望した時もあった。
 男一人というのもあって、孤立していたのもあったんだがな。
 けど、そうやって戦ってきたお前たちも同じ悩みを抱えていた事に、この大会で気付かされた。
 孤独感、劣等感、不快感、責任感───みんながみんな、そんな不安と戦っていたんだ。
 それでも、精一杯勝ち続けて、ここまで実ったんだ。
 だから俺は、逃げていただけなのかもしれない。己の非力さを認めないでいただけかもしれない。」
彼の内に秘めた不安を聞いて、ここまで自分が影響を与えていた事を知った時は心底驚いた。
それはもう、決勝で姉と当たる不安も忘れてしまう程に。

「本当の強さは、楽しめる心が無ければついてこない。
 ───お前たちの麻雀を見てると、強くなれそうな気がしたんだ。
 だからよ、その、なんだ。……悩むな、楽しんでこい!」
「なんだそれ」
ふふ、と笑うと彼は「ああ、参ったな。変なキャラになってんのかもな」と言わんばかりに焦る。
初めて出会ったあの時も、麻雀を誘ったあの時も、こうして一人不安を抱えてる今も、本当に突然やってくる。
白馬の王子様、と言うには少々頼りないが、それでも私を元気づけるには十分すぎる言葉だった。

「京ちゃん、ありがとう。」

ふと。
気付けば私は、彼の身に乗り出して頬に口づけをしていた。
彼の赤らめる顔を見ると、自分も紅潮して決勝どころじゃ無くなりそうな気がしたので、すぐさま決勝卓へ向かった。

休みも取れたし、勇気も貰った。よし、そろそろ本気で楽しまなくちゃ―――

名前:
コメント: