玄「京太郎君〜どこにいるの〜?」

京太郎「ひっ!?」

玄「勝手に部屋に忍びこんで合体しようとした事は謝るから出てきてよ〜!」

京太郎「もう嫌だ……何で俺がこんな目に……」ガタガタ

シーン…

京太郎「……行ったか?」キョロキョロ


京太郎「よし、今のうちに遠くに…」ガササッ

玄「あ!京太郎君、見〜つけた♪」

京太郎「ひぃっ!?」ダッシュ

玄「あっ!待って!待ちなさい!!」タッタッタッタッ

京太郎「怖い……!誰かぁ…助けて……」タッタッタッタッ

玄「待ちなさい!待てって言ってるでしょう!?」タッタッタッタッ

京太郎「はっ!あれはもしや…宥さん!?宥さん!助けて!」キキーッササッ

宥「京太郎君!?…どうしたの?」

京太郎「今玄さんに追われてて…来た!」

タッタッタッタッ

玄「あ、おねーちゃん!それに、京太郎君」

宥「玄ちゃん……(ガシッ)京太郎君は捕まえたよぉ…」

京太郎「なっ!?宥さんもグルだったのか!チクショー!離せぇ!」ジタバタ

玄「おねーちゃん、ありがとう」

宥「ううん…京太郎君は私と玄ちゃん、二人だけのものだもん…当然だよぉ」

玄「…本当は独り占めしたかったけど、おねーちゃんとならいいかな」

宥「うん…二人で京太郎君を分け合おうね…」

玄・宥「それじゃあ、いただきます♪」

京太郎「」