玄「それでね! 最近は…」ペラペラ

京太郎「……」

玄「なのにおもちが…」ペラペラ

京太郎「あの、玄さん」

玄「なにかな?」

京太郎「もう終わりにしてくれませんか?」

玄「なにを?」

京太郎「こうやって俺に話すことをです」

玄「…冗談だよね?」

京太郎「冗談だと思いますか?」

玄「……どうしてそんなこというのかな?」

京太郎「もう疲れたんですよ、あなたと話すことに…」

玄「そんなっ!」

京太郎「だからもうこんなことはやめてくださいよ…」

玄「じゃあ…じゃあ……」








玄「京太郎くん以外の誰とおもちトークすればいいのっ!!」クワッ

京太郎「壁とでもしてればいいんじゃないですかね?」

玄「だって京太郎くんもおもち大好きでしょ?」

京太郎「ええ、大きいおもちこそ至高です。揉みたいし舐めたいし吸いたいし飲みたいです」

玄「ならなんで…」

京太郎「玄さんと俺のおもちの認識には大きい違いがあるんですよ」

玄「違い…?」

京太郎「玄さんって今までどれだけのおもちを見て触りましたか?」

玄「えっと…数え切れないかな?」

京太郎「それです!」

玄「えっ?」

京太郎「あなたは現実のおもちを見て触って語っています、だけど俺は…」

玄「……はっ!」ピコーン

京太郎「気がつきましたか…俺のは所詮空想です。玄さんと違って実物を見たことも揉んだこともないんですよ」

玄「そんなっ…私ってば今までなんてひどいことを…」グズッ

京太郎「泣かないでください…俺が男に生まれたのがいけないんです…」

玄「グズッ…ぎょうだろぅぐーん!」ダキッ

京太郎「ですけど後悔はありません…男として生まれてきたからおもちのすばらしさに気がついたんです」

玄「でもっ…でもっ…」

京太郎「だから…これで終わりです…」

玄「そんなのいやだよっ!」

京太郎「影からおもちマイスターとしての玄さんを見守っていますよ…」

玄「お願いだよ…戻ってよぉ…私なんでもするから!」ユサユサ





京太郎「ん? 今なんでもするって言ったよね?」

玄「ふえっ?」

玄「うぅっ…//」カァァ

京太郎「生のおもち初めて見ましたよ。これはこれは…」

玄「そのぅ…どうかな?」

京太郎「いや、思ってたよりずっときれいな形で…玄さんのだからかな?」

玄「私のなんてぜんぜんたいしたことないよぉ…//」

京太郎「いやいや、十分立派ですって…それじゃあ…」ゴクリ

玄「やっ…やさしくだよ?」

京太郎「へーこんなにやわらかいんですね」モミモミ

玄「手つきがえっちだよぉ…//」モジモジ

京太郎「先っぽって思ったより硬くてこりこりしてるんだなぁ…」クリッ

玄「ひゃんっ!?」ビクッ

京太郎「ふんふむ…先っぽってやっぱり敏感なんですか?」モミモミ

玄「うんっ…だからもっとやさしく…ふみゅぅ…//」ビクン

京太郎「じゃあ次は舐めて…」

玄「ふきゅっ…それは流石に…//」

京太郎「やっぱり俺にはおもちマイスターは無理ってことですか…」

玄「そっ、そうじゃなくて…」

京太郎「協力してくれてありがとうございました、じゃあ……」

玄「わかった! 舐めてもいいから!」

京太郎「ほんとにですか?」

玄「でもちょっとだけ! ちょっとだけなら…//」

京太郎「それなら失礼します」ペロッ

玄「ふきゅ…//」ビビクン

京太郎「ほむ…ちょっと汗で塩味がしますけど甘いにおいが…おいしいなぁ…」ペロペロ

玄「んっ…満足したかな…?」

京太郎「じゃあ次は……」

玄「まだ足りないのぉ…//」

京太郎「やっぱ俺は…」

玄「わかった! ちょっとだけ! ちょっとだけだよ…//」

カン!