スタスタスタ… スーッ

数絵「おじい様、京太郎。お茶が入っ…」

京太郎「くっ、そっ、このっ!」ピコピコピコ

聡「っと、あぶねぇあぶねぇ」ピコピコピコ

数絵(またゲーム…)ハァ

京太郎「くのっ!いい加減素直に負けろっての!」ピコピコピコ

聡「へっ、そんなんじゃまだまだ負けられねえな…っと!」カチャカチャ

ドゴーン K.O.

京太郎「あっ!?…だーくそっ!!また負けたー!!」ガチャン

聡「へっへ」ニヤニヤ

京太郎「てか何で一ラウンド目は弱いくせにそれ以降はどんどん強くなんだよ!」

聡「だーから言ってんだろ?最初の俺は弱ぇんじゃなくて相手の出方を様子見してんだって。麻雀と同じだっての」

京太郎「そうは言うけどさー…」

聡「そしてお前が負ける理由も麻雀と同じ。読みやすいんだよこの単純馬鹿」

京太郎「ぐっ…!」

聡「そんなんじゃいつまでたっても俺どころか数絵にだって勝てねぇぞ?」

京太郎「わーってるっての!」

聡「それ言うの何回目なんだっつの、この単純馬鹿」

京太郎「ぐぬぬぬ…」

聡「バーカ、アーホ、ヘタレヤンキー」

京太郎「てめっ…!」プルプル

聡「お?なんだやんのかクソガキ?かかってこいよ」

京太郎「このクソジジイィ!」ブンッ

聡「脇が甘ぇんだよクソガキィ!」ブンッ

数絵「はいお茶ー」ヒュッ

「「アッツゥ!?」」

京太郎「数絵っ!?おまっ何すっ…あっつ!」ワタワタ

数絵「頭に血が上りすぎよ。自業自得」

京太郎「うぐっ…」

聡「あっちー…じゃあ何で俺にもやるんだよ…」

数絵「おじい様は煽りすぎです。少しはこれで懲りてください」

聡「ぬっ…」

数絵「で、二人とも?今日は確か麻雀教える日だったはずですけど?」

聡「いや、俺もそのつもりだったんだがな。このガキが…」

京太郎「はぁ!?アンタが数絵が席外した瞬間にゲームだしてきたんだろうが!」

聡「あっ、てめっ…」

数絵「…お・じ・い・さ・ま?」

聡「…ちっ」

京太郎「へっ、ざまーみさら「ノったあなたも同罪よ」…ぐぬぬ」

数絵「はぁ、もう…ほら、今からやるわよ。二人とも準備」

「「ウェーイ…」」
………
……

数絵「…ふぅ、こんなものかしらね」

京太郎「はー…疲れたぁ…」ドサッ

聡「ま、俺も同じ意見だな…疲れた」カチッ シュボッ…

数絵「似たもの同士なんだから…」

「「似てねーっつの!」」

数絵「ほら、ぴったり」クスクス

「「ぬぅ…」」

数絵「それじゃ私はご飯の用意しないと…京太郎も食べてくわよね?」

京太郎「…どーなんだ?」チラッ

聡「好きにしろい」スパー…

京太郎「つーわけで、頼むわ」

数絵「はいはい」クスクス
………
……

数絵「フンフフーンフーン♪」トントントントン

ーーー
聡「おい、クソガキ」スパー

京太郎「…なんだよ」

聡「お前、あいつのことは?」

京太郎「…良くわからん」

聡「…」

京太郎「でも、大切なやつだ。多分、一番」

聡「…そうかい」

京太郎「つーか、いい加減俺のこと名前で呼べよな。クソガキクソガキ言い過ぎなんだよ」

聡「あぁ?俺は普段は認めたやつの名前以外は呼ばねぇ主義なんだよ」

京太郎「なんだそりゃ。変な主義だな」

聡「ほっとけ。…うちの孫、泣かせんじゃねーぞ」

聡「京太郎」

京太郎「…!」

京太郎「わーったよジイさん、俺に任せろ」

聡「へっ」スパー

京太郎「…ツンデレジジイ」

聡「てめーも大概だろがクソガキ」

京太郎「…へへっ」

聡「…」スパー

数絵「あら、なんだか楽しそうね」

「「んなことねーよ」」

数絵「あらあら」クスクス