咲「うぅ、きょうちゃーん。いっぱい口とか目があるよぉ…」

京太郎「それだけ抜き取って聞いたらなんかグロイな。そっからパーツ選んでアバター作るんだろうが」

咲「舐めないでよね!自慢じゃないけど私のゲーム知識はFCのくにおくんで止まってるよ!」

京太郎「古いな。お前の歳でそのゲーム知ってる奴の方がすげぇな」

咲「ドヤァ・・・」

京太郎「・・・・・・」

咲「いたいいたいやめてくださいとんでしまいます」

咲「うぅ・・・、どうしてこうなったんだろ」

京太郎「そりゃおまえ」


―――――

和「今度リリースされる新しいネットゲームを一緒にやりませんか?」

京太郎・優希「「のった!!」」

咲「わ、私も!」

―――――

京太郎「ということがあったからだろ」

咲「すごい省いたよぉ・・・

京太郎「そか?」

咲「でも…すごいねいつの間にゲームってこんなに進化してたんだろ」

咲「SA○や○グ・ホライズンの中だけじゃなかったんだね」

京太郎「隠せてないぞ咲…なんというか、例えにそれらを持ってくるあたりお前を感じるよ」

京太郎「よし、アバター完成。名前は・・・狂堕狼でいっか」

咲「は、はやいよぉ!?」

京太郎「いや、基本的に現実のヴィジュアルのまんまだし」

咲「私は…あ、おさげの髪。懐かしいなぁ」

京太郎「あー、あの頃はお前も可愛かったなぁ」

咲「むー、今も可愛いデスー」

咲「・・・あ」

京太郎「体型選びか」

咲「……」

京太郎「わお、バストサイズナチュラルに増量してら」

咲「シテマセンヨ。ジジツニモトヅイテイマスヨ」 

京太郎「お前が84cmとか明らか盛ってんじゃねぇか。いや、いいんだけどな」

咲「次はー職業ー♪わわ、またいっぱいあるよ!?」

京太郎「やっぱ剣士がいいよな…ナイト、侍、執事?」

咲「私はー、白魔導師ー。かわいいなー」

京太郎「(魔王…)あ、和から着信きた。スカイプスカイプ」

京太郎「もしもしー」

和『もしもし、そちらのアバター制作は終わりましたか?』

京太郎「咲がもうちょい。そっちは?」

和『こっちはわたしもゆーきも終わりましたよ』

優希『どやぁ』

京太郎「おっけー。さきー、きまったかー?」

咲「う、うんっ!できたよー!」

京太郎「おけー。和、出来たってさ」

和『分かりました。それでは皆さん、はじめましょう!』

「「『おう!!』」」