先生「須賀、お前が複数人の女子に手を出してるという話を聞いたんだが」

京太郎「えぇ?俺がですか?そんなことしてませんよ」

先生「そうなのか?いやしかし…」

照「あ、居た。京ちゃん放課後の約束忘れてないよね?」

京太郎「もちろんですよ」

照「ん。じゃあまた後で」テクテク

先生「…今のは?」

京太郎「一緒にお菓子を買いに行くって話です」

先生「そうか。変なことするんじゃないぞ」

京太郎「しませんってば」

菫「お、須賀じゃないか。今夜もまた付き合ってやろうか」

京太郎「ほんとですか?是非お願いします」

菫「フ…ビシビシしごいてやるから楽しみにしていろ」スタスタ

先生「おい!今夜って何の話だ!」

京太郎「最近ダーツにハマったんで経験者の弘世先輩に指導してもらってるんです」

先生「そうか…。だが学生の夜遊びとは関心せんな」

京太郎「それはまあ…見逃してくださいよ」

尭深「あ…須賀くん。また須賀くんの濃いやつを飲ませて欲しいんだけど…」

京太郎「またですか?明日なら空いてますよ」

尭深「わかった…。楽しみにしてるね…」テクテク

先生「おい!濃いやつってなんだ!おい!」

京太郎「うちの実家から送られてきたお茶です。おすそ分けしたらハマっちゃったみたいで」

先生「そ、そうか…お茶か…。お茶ならまぁ…」

京太郎「1人じゃ飲みきれないから正直助かってるんですよ」

誠子「あ、京太郎…。その…京太郎の太くて長い竿が忘れられなくて…」

京太郎「うぇ!?と、とりあえずその話はまた後で…」

誠子「わかった…」スタスタ

先生「ああ、釣りの話か。亦野は釣りが好きだからな」

京太郎「あ、そ、そうなんですよねー。いやーほんとまいっちゃいますよー」

先生「とりあえずお前が不純異性交遊をしているわけじゃないということは分かった」

京太郎「はぁ…」

先生「学生としての自覚を持って節度ある行動をするように。よし、もういいぞ」

京太郎「ど、どうも。それじゃ失礼します」

淡「あ、きょーたろー!話終わったんなら一緒にかえろー!」

京太郎「おう」

先生「大星、お前はもう少し高校生らしさを身に付けろよ」

淡「なんか急に注意された!?」

京太郎「とばっちりだな、ハハハ」

淡「ぶー」

京太郎「…さて、帰ったら照さんと“おかし”の約束か」

淡「ん?なんか言った?」

京太郎「いや、何も言ってないさ…何もね」