咲「えいっ!」カコーン

京太郎「なんの!」カコーン

咲「……そこだ!やあっ!」カコーン

京太郎「うおおっ!……駄目か」ポトリ

優希「咲ちゃんの勝ちだじぇ」

和「はい咲さん、これ」つ筆

咲「ありがとう和ちゃん」

京太郎「だーっ!両腕両足に重り付けた状態で羽子板なんかできるかー!不利すぎんだろうが!」

咲「しょうがないでしょ、身体能力じゃ絶対勝てないんだし、特に私と和ちゃんは」

優希「ハンデを受け入れたのは京太郎だろ!」

京太郎「だからってここまでのレベルは想定してねーよ!」

和「全く、男らしくないですよ須賀君」

京太郎「和まで……」ガックリ

咲「さあ、京ちゃん、観念してね」

京太郎「これ以上何処に書くんだよ……もう顔真っ黒だぜ、俺……」

咲「大丈夫だよ、赤墨汁使うから」ニッコリ

京太郎「鬼ー!」

優希「でもそろそろ疲れてきたなー」

和「そうですね、須賀君に書くネタも無くなってきましたし」

京太郎「酷い……」

咲「ほら京ちゃん、じっとして」

咲「うーん、何書こうかな……?そうだ!」

咲「フンフーン♪……よし!」

優希「どれどれ、咲ちゃんは何を書いて……!!」

和「どうしたんですかゆーき……!!」

京太郎「ん?どうしたんだ?」

京太郎「とりあえず二人も疲れたみたいだし、そろそろ終わりに……」

優希「京太郎!」

和「須賀君!」

二人「「もう一回やりますよ(やるじぇ)!!」」

京太郎「はい!」ビクッ

優希「はっ!」カコーン

和「やっ!」カコーン

京太郎「ぐわぁぁぁぁあああ!!」

―――
――

京太郎「うう、あの後もう一回づつやらされるし、何だったんだ……」

京太郎「親父も母さんも笑ってたし……チクショー!」

京太郎「はぁ……早く顔洗おう……ん?」

『いつもありがとう』『感謝してます』『サンキュー』
『女タラシ』『朴念仁』『おもち好き』『好きです』『付き合って下さい』

京太郎「アイツ等……感謝するか罵るかどっちかにしろっつーの」クスッ

京太郎「ま、今日のことは許してやるか!」

京太郎「ただ……」

京太郎「この『好きです』と『付き合って下さい』は一体誰なんだーーーっ!!」

その後京太郎は3人に対して暫く悶々としていたそうな……