和「」モジモジコソコソ

嫁田「おい須賀、またあの娘がこっち見てるぜ」

京太郎「本当だ、この教室に一体何の用事なんだろうな?」

嫁田「もしかして俺に愛の告白だったりして!だけどシャイで言い出せないでいるとか!」

京太郎「ねーよ」

嫁田「冗談だよ、でもあの原村和だぜ?ちょっとくらい夢を見させてくれよ」

京太郎「原村、和?有名な娘なのか?」

嫁田「お前知らないのかよ?去年のインターミドルのチャンピオンだぜ?」

京太郎「インターミドル……って麻雀か」

嫁田「そうそう、麻雀強くてルックスも良い、加えてあの胸!狙ってるやつは数知れずだ」

京太郎「ふーん……確かに可愛いな、でもウチに麻雀部なんてあったか?」

嫁田「一応あるらしいぜ、1~2人くらいの零細弱小だけど」

嫁田「正直なんで風越とかに行かないでウチに来たのやら」

京太郎「そっか……麻雀部、あるのか……丁度いいかもな」ボソッ

嫁田「ん?何か言ったか?」

京太郎「何でもない、ちょっと俺行ってくるわ」ガタッ

嫁田「ちょっ、おい、須賀!?本気か!?」

和「……」オロオロウロウロ

和「……」コソコソチラチラ

和「ううっ、やっぱり緊張します……」

和「まず誰か適当な人に彼を呼んでもらって……自己紹介をして……あの時のお礼を言って……その後麻雀部に誘って……」ユビオリ

和「でも、もし彼が麻雀に興味が無かったら……既にどこかの部活に入っていたら……」

和「私の事を……憶えて、なかったら……」

和「いや、そんな弱気は言っていられません、ゆーきとも約束しましたし」

和「憶えて無ければ思い出してもらえばいいし、興味が無ければこれから好きになってもらえばいいんです!」

和「すぅーー、はぁーー」

和「よし!……いざっ!」グッ

京太郎「あのー、ウチのクラスに何かご用でしょうか?」ヒョコッ

和「ひゅい!」ビクッ

京太郎「おわあっ!」ビクッ

和「え、えっと!あの!その!」ワタワタ

京太郎「まあまあ落ち着いて、原村さん」ポンポン

和「えっ?私の名前……」

京太郎「ああ、クラスの奴が教えてくれてさ、有名な雀士だって」

和「そ、そんな、私なんてまだまだ」

京太郎「そうかな?でもそうじゃなくても有名になってたと思うぞ」

京太郎「原村さん、スゲー可愛いし」

和「か、かわっ!?いきなり変なこと言わないで下さい!」

京太郎「ゴメンゴメン、で、ウチのクラスの誰かに用事?」

京太郎「教えてくれれば俺が呼んできてやるけど」

和「ええっと……ですね」

和「用事があるのは……その、あ、あなたに……」

京太郎「俺に?一体何で……あっ!」

京太郎「そうだ!君は入試の時の!」

和「(憶えててくれた……!)」パァ

和「はい、あなたのおかげで清澄に来ることができました」

和「ずっとお礼を言いたかったんです、本当にありがとうございました」ペコリ

京太郎「んな大げさな、でも上手くいってたようでほっとしたよ」

和「ええ、清澄に来て本当に良かったって思ってます」

京太郎「でもミドルチャンプなのに麻雀強い所行かなくてよかったのか?」

京太郎「不躾な質問で悪いけどさ」

和「別に麻雀は何処にいてもできますから」

和「ここに来たのにも……理由はありますし」

京太郎「うーん、この学校にそこまでの魅力があるかねぇ……?」

和「そ、それとですね……えっと……」モジモジ

和「麻雀に、興味はありますか?」

京太郎「麻雀?…………無くはないかな、ルールすらよく知らないけど」

和「あ、あの、そ、それじゃあ……私と一sy『キーンコーンカーンコーン』」

京太郎「やべ、予鈴だ!早く戻らないと!」

京太郎「原村さんも急いだ方がいいよ!じゃ!」タタタ

和「あっ!」

和「(誘うどころか、まだ名前も聞けてないのに……)」

和「名前、知りたかったな……」

~~放課後~~

和「はあ……」

優希「ドンマイだじぇ、のどちゃん」

優希「お礼は言えたんだし一歩前進!明日もう一回行けば完璧だじぇ!」

和「明日……また話せるでしょうか、私に……」ドヨーン

優希「(こんなにのどちゃんが対人関係にヘタレだったなんて思わなかったじぇ)」

優希「それともそいつだから、なのかなー?」ボソッ

和「何か言いましたか?」

優希「べっつにー?」

和「そんなことより早く部室に行きましょう、部長が色々考えてくれてるみたいですし」

優希「そうだなーって、こりゃイカン!タコス買い忘れてたじぇ!」

優希「のどちゃん悪い!先に行っててくれー!」ドヒューン

和「あっ、ゆーき!……もう」

和「直ぐそこなんだから荷物くらい置いてからいけばいいのに……」

和「ゆーきが戻るまでどうしましょう、お二人がいればいいんですけど……」ガラガラ

京太郎「ああ、原村さん、さっきぶり」

和「えっ!?な、なんで!?」ビクッ

京太郎「実は麻雀部に入部しようと思ってさ……これ、入部届け」ピラッ

京太郎「ルールもおぼつかないド素人だけど、大丈夫かな?」

和「いいえ!全然大丈夫です!むしろ大歓迎です!!」ズイ

京太郎「お、おおう、じゃあ部長さんが来るまで待つか」

京太郎「それまで原村さん、良かったら麻雀教えてくれないか?」

和「勿論!喜んで」

和「あ……でも、その前に……」

和「名前、教えてくれませんか?」

京太郎「あれ?言ってなかったっけ?ゴメン」

京太郎「俺は京太郎、須賀京太郎っていうんだ」

京太郎「改めて宜しく、原村さん」ニコッ

和「(ドキッ)はい、宜しくお願いしますね、須賀君」

和「じゃあまずは牌の種類と基本的なルールから……」

――なんとか須賀君にお礼を言え、名前も知ることができました

――あとは彼といると湧く、この胸の感情が何なのか、ゆっくり確かめていけたらと思います

――彼と一緒の、この麻雀部で


───
──



和「もうっ!何度言ったら分かるんですかっ!」

和「もっと河を見て、牌効率を考えなきゃ駄目じゃないですか!」

和「ほらっ!この問題は前にもやったでしょう!」

和「な・ん・で!そこからそうなるんですか!!」

優希「今日ものどちゃんのスパルタ教室は絶好調みたいだじぇ」

久「須賀君もよくへこたれないわよね」

まこ「まあ京太郎のやつも正直物覚えがいいとは言えんしのう……おっと、それロンじゃ」

優希「じぇっ!?」

久「うーん、三麻じゃまこには敵わないわね……」

優希「染めるの早すぎだじぇ」

まこ「まあ、多少はの」

ワイワイ

京太郎「……あっちは楽しそうでいいなぁ」

和「ほらっ、よそ見してる暇はありませんよ!」

京太郎「うううっ……もうちょっと優しくしてくださいよう、原村先生ぇ……」

和「駄目です、須賀君はまだ麻雀を始めたばかりなんですから」

和「このままじゃ夏の大会でいいカモにされちゃいますよ!」

和「ほらほら、休まず次行きますよ、次!」

京太郎「ひー!」

久「改めて見ると凄いわね、アレ……」ウーン

まこ「何か恨みがあるんじゃないかっちゅーくらいの勢いじゃが、ある意味親身で真摯じゃしなぁ……」ウーン

優希「ん?そっか、二人はあの状態ののどちゃん達しか知らないのか」

久「どういうこと?」

優希「アレをやってる時以外ののどちゃんといったら、もう」

優希「話のとっかかりを出そうとしては引っ込め、出そうとしては引っ込めでモジモジモジモジ」

優希「京太郎が話題を振ってきてくれたと思えば肩に力が入りすぎて発声音量UP+噛み噛み」

優希「まさにテンパるヘタレ乙女って感じだじぇ」ヤレヤレ

まこ「ほほー、それはそれは」

久「天下のインターミドルチャンプも恋する一人の女の子ってわけね」

優希「のどちゃんは自覚してないみたいだけどなー」

久「え?そうなの?」

優希「なーんか話してるとそんな感じがするじぇ、感情が分からず戸惑ってる、みたいな」

優希「そのくせ嫉妬っぽいのはしてるんだよなー、無自覚に」

まこ「ふむ、もしかするとアレは自分のモヤモヤした感情も一緒にぶつけてしまってるのかもしれんのう」

久「うーん、青春ねぇ……ただそれだと須賀君が持たないかもしれないわね」

久「指導では厳しくて、普段も変な対応取られてるわけだし」

まこ「そうじゃのう、後でどっちにもそれとなくフォローいれてやるか」

優希「じぇ」

和「ふう、それでは今日はここまでということで」

京太郎「あ、ありがとうございましたぁ〜〜〜」クター

まこ「お疲れさん京太郎、ほら、茶じゃ」

京太郎「あ、ありがとうございます〜〜」

久「なんだか凄絶ねえ……少しは優しくしてあげたら?」

和「これでも目一杯優しくしてるつもりです」

優希「京太郎、頭から煙噴いてるじぇー」ケラケラ

京太郎「うるせーぞ優希……」

優希「この優希様が気合を入れてやろう!ほれほれ〜」ペシペシ

京太郎「や・め・ろ、うっとうしい」グイッ

優希「あーん、京太郎ってばイケズだじぇー」キャイキャイ

和「……須賀君!」

京太郎「は、はい!」ビシッ

和「明日もみっちりやりますからね!覚悟して下さい!」

和「今日は用事があるので、私はこれで失礼します」ペコリ、スタスタ

久「うーん、言い方一つでもうちょっと何とかなりそうなのにねえ」

優希「改善の道のりは長そうだじぇ」

まこ「キリもいいし、わしらも今日はこれで終わりにするか」

久「そうね、じゃあ今日は解散!」

優希「お疲れ様でした!だじぇ」

京太郎「あ、部長、ちょっといいですか?」

久「ん?何かしら須賀君」

京太郎「あのですね……」

――――
――

和「まさか部室に忘れ物をしてしまうなんて……」スタスタ

和「……4月とはいえ結構暗いですし、早く取って帰りましょう」ブルッ

和「あら?部室に明かりが……こんな時間なのにまだ誰かいるんでしょうか?」

和「失礼します……」ガラッ

京太郎「Zzz……」スースー

和「須賀……君?」

京太郎「Zzz……」スースー

和「……寝てるんですかー?」コゴエ

和「もしもーし」ツンツン

和「もう外は真っ暗ですよー」ホッペプニプニ

和「……完全に寝てますね、やっぱり疲れてたんでしょうか」

和「やっぱり、私の指導がキツイんでしょうか……」

和「『指導が厳しすぎる』なんて、言われなくても分かってるんです」

和「せめて言い方くらいはもっと優しくできるはずなのに……厳しく当たっちゃうんですよね」

和「でも、仕方ないじゃないですか……」ナデナデ

和「面と向かうと、うまく話せないんですもの」ナデナデ

和「それなのにゆーきとはすぐ名前呼びになって……あんなに仲良くって……」

和「良く分からない内にイライラしちゃって、それをぶつけてしまって……」

――振り返れば振り返るほど、自分がどれだけ酷いかを思い知らされます

――もっとこういう言い方があったではないか……いきなり初心者に求めることが多すぎたんじゃないか……

――なにより、須賀君に私情で酷く当たってしまっている……

和「……指導者、失格ですよね」ポツリ

和「ごめんなさい、須賀君……」

――もしかしたら、私はもう須賀君に嫌われてしまっているかもしれません

――そう考えると、仕方がないとはいえとても胸が締め付けられます

――でも、もしそうだったとしても……

和「麻雀は、嫌いにならないでほしいな……」

――それなら、距離が離れてしまっても、彼との繋がりを感じられるから……

京太郎「ん……んん〜〜」モゾモゾ

和「!」ササッ

京太郎「ふわ〜〜……寝ちまってたのか、まずいまずい」ノビー

京太郎「早く帰らないと……って原村さん?」

和「は、はいっ!」

京太郎「なんでここに?帰ったんじゃ?」

和「わ、忘れ物をしてしまいまして」

京太郎「ああ、このお守りか?もう結構暗いのに、わざわざ取りに?」

和「大事な物だったので……」

京太郎「そっか、じゃあ眠っちまったのがかえって良かったな」

和「えっ?」

京太郎「暗い夜道を一人とか、原村さんに何かあったら心配だしな」

京太郎「俺に、家まで送らせてくれないか?」

和「……して」

京太郎「えっ?」

和「どうして、そんなに優しくしてくれるんですか?」

和「私は、あなたにあんなに酷く当たっているのに」

和「須賀君に厳しいのも半分私情なのに」

和「嫌われててもおかしくないのに」

和「どうして……ですか」

京太郎「……麻雀の楽しさを教えてくれたから、かな」

和「えっ?」

京太郎「最初の、部員になる前にここで教えてもらった時」

京太郎「ただルールだけじゃない、麻雀の魅力や面白さを一生懸命教えてくれたから」

京太郎「そんで、その時の原村さんがすごく輝いてたから」

京太郎「麻雀って楽しいんだなって、そう思えたんだ」

和「っ!///」

京太郎「指導だって厳しいけど、分かるまで真摯に教えてくれるし」

京太郎「原村さんの一生懸命さが伝わるから、手が抜けないんだよなぁ」

京太郎「先生とか向いてるんじゃないかなって思った」

和「凄く……嬉しいです」

和「夢なんです、小学校の先生になるの」

京太郎「へぇ、原村さんならいい先生になれると思うよ」

和「そ、そんなこと!…………ありがとう、ございます」

京太郎「さ、これ以上遅くなるとマジでまずいし帰ろうか、原村さん」

和「ええ、そうですね」

和「ところで須賀君はこんな遅くまで何をしていたんですか?」

京太郎「それは秘みt「じー……」はい、言います」

京太郎「今日教えてもらったことの復習をしてた」

京太郎「教えてくれてる原村さんの気持ち、無駄にしたくないし」

和「須賀君……」

京太郎「だからまず目指すは公式戦で一勝!」

京太郎「そのためにも、明日からも宜しくな!原村さん」ニコッ

和「!」ドキッ

――ああ、そっか……

和「……のどか」

――時々胸に訪れていたこの気持ち……

京太郎「えっ?」

――私は、この人のことが……

和「和、でいいですよ」

――好き、なんだ……

和「ゆーきのことも名前で呼んでますし、私も名前で呼んでください」

和「友達、なんですから」

京太郎「わかった、じゃあ改めてよろしくな、和!」

和「はいっ!」

――私が初めて抱いた、『好き』という気持ち

――わけもわからず振り回され、戸惑いもしましたけど……

――この思いを大切に、ゆっくり育てていきたいと思います