『猿も木から落ちる』

京太郎「しずのー、そんな高いところで立ったりしたら危ないぞー」

穏乃「大丈夫だよー!鍛えてるからねー」

穏乃「京太郎もこっちおいでよー…ってひゃあっ!?」ツルンっ!

京太郎「穏乃!?うぉりりゃあああああああ!!」ガシッ!

穏乃「うっううぅ、いったぁ…くない?」

京太郎「痛いのはこっちだよちくしょうめ」

穏乃「えきょきょきょんたろう!?」

京太郎「きょうたろうだよ」

穏乃「そんなことより、大丈夫!?」

京太郎「それ俺のセリフじゃね?」

穏乃「私のせりふだろ!だって、凄い上から落ちてきたのに!」

京太郎「うむ。なぜあの時親方のくだりが咄嗟にできなかったのか、ちと後悔」

穏乃「そんなボケは今いらないの!怪我…してない?」

京太郎「へーきへーき」

京太郎「穏乃こそ平気か?」

穏乃「うん…へいき」

京太郎「そっか。たてるか?」

穏乃「いけるいける」

京太郎「そっか。さすが森の王者しずちゃん」

穏乃「もー、からかうなー」

京太郎「はっはっは(棒)」

穏乃「でもでも!」

穏乃「ありがとね!京太郎!」

京太郎「おう」

穏乃「にひー。あ、でもでも!これからはこんなことしちゃダメだよ!もし怪我でもしたらどうするの!?」

京太郎「お前が言うなこのアホ。ええい、ほっぺをむにむにしてくれよう」

穏乃「いふぁひいはぁほ!?ふぉへむふぁふぁいー!?」

京太郎「おーやわこい」

穏乃「うー、いたかった」

京太郎「これに懲りたらもうこんなことしないように」

穏乃「む。それは京太郎も!!もうこんなことしちゃダメだよ!」

京太郎「んー、多分する」

穏乃「すーるーなー」

京太郎「えー、だってさー」

京太郎「穏乃がピンチなら、駆けつけずにはいられないな」

穏乃「       」

穏乃「あ、あぅ、あ。へふ」

京太郎「ん?」

穏乃「そ、そっか」

京太郎「そだよ」

京太郎「そんじゃそろそろ帰るか」

穏乃「う、うん」

穏乃「(そっか。駆けつけてくるんだ)」

穏乃「(京太郎が、私のところに)」

穏乃「(どきどき、してる)」

穏乃「(私、京太郎に、ときめいてるんだ)」

穏乃「うー///」


『猿も木から落ちる』――― 木から落ちた穏乃が京太郎に助けられてときめく様。