久「あけおめ~」

京太郎「おめでとうございます、部長」

久「どう? 和の初夢は見れた?」

京太郎「お生憎様、あの写真は効果無かったみたいです」

久「まあ迷信だしね」

京太郎「ズバッと言いますね! 120円で売ったのは部長なのに!」

久「美味しかったわ、ミルクセーキ」

久「ところで須賀君、初夢自体は見たんでしょ?」

京太郎「はあ、まあ」

久「よし、私が夢占いしてあげるわ! ほら、言ってみて」

京太郎「そうですね。冷蔵庫の中に、賞味期限切れの牛乳が何本もありました」

久「……夢の話? 今朝の話じゃなくて?」

京太郎「です。まあたまに切らしちゃうのは事実ですけど」

久「……それは、暗示してるのよ」

京太郎「暗示……?」

久「そう。須賀君、今あなたの家の冷蔵庫には賞味期限切れの牛乳が!!」

京太郎「ないです」

久「……そう?」

京太郎「はい。そんな夢を見たからには一応確認しました」

久「そう……。はい、次。次の夢」ハァ

京太郎「ええー……。えと、次は学校行事で映像を見せられました。プリキュアの」

久「そう……須賀君、それはあなたがプリキュア好きだということを暗示してるわ」

京太郎「そのままですね!」

久「間違いないわ」

京太郎「そんなことは……。確かに特撮のついでに見ることはありますけど。というかいきなりトーンダウンしましたね」

久「もっと面白い話寄越しなさいよ。須賀君が殺したとか殺されたとか」

京太郎「嫌ですよどっちも!?」

久「それで、次は?」

京太郎「ええと……浴場にいたんですけど、通路がえらく複雑なせいで……半裸の女の子と鉢合わせに……」

久「須賀君……それはあなたがスケベだt」

京太郎「知ってるよ!!!!」