ピンポーン

京太郎「はーい」ガチャッ

玄「おはよう京太郎君!明けましておめでとう!」

京太郎「あ、ああ……玄さん…明けましておめでとうございます」

玄「おせち持ってきたよ!一緒に食べよう!」

京太郎「いやぁ、親ともう食べてますんで…」

玄「えっ…で、でも京太郎君だって私の料理食べたいでしょ?ね?」

京太郎「いえ、別に……そろそろお引き取り願えませんか?」

玄「……そんなぁ、京太郎君のために一生懸命作ってきたのにぃ……」ジワッ

京太郎「泣いても駄目です!では」バタンッ

~~~~~~

京太郎「はぁ……新年早々やってくれるぜ……」ドスッドスッ

京太郎「あ~…ストーカー止めてくれないかな~…」ガラッ

玄「京太郎君、お邪魔してるよ!」

京太郎「ワーオ…何故そこにいるんだい?」

玄「裏口からお義母さまに入れてもらったんだ~」

京母「全く京太郎ったら~隅に置けないわね~」

京太郎「……玄さん、ちょっと」クイクイ

玄「ん?なーに?」トテトテ

京太郎「(ガラットスン)参りました。俺が悪かったです。謝りますから何故俺に付きまとうのか教えて下さい」

玄「付きまとうって何の事?ただ私は京太郎君にもっと好かれたいから来ただけだよ?」

京太郎「……なんで好かれたいんですか?」

玄「京太郎君の事が好きだからに決まってるでしょ。何かおかしい?」

京太郎「そすか……はぁ……」

玄「ところで京太郎君、ひ、姫始めはいつする?///」

京太郎「……そうっすね、100年後くらいにしますか」

玄「100年後は長すぎじゃないかなぁ?」

京太郎「あ、じゃあ来世でもいいです」

玄「来世って……姫始めする気ないよね…?」

京太郎「ないですね。分かったら帰って下さい」

玄「……どうして…?」

京太郎「はっ?」

玄「どうしてそんなに意地悪するの…?こんなにも京太郎君の事を愛してるのに…」

京太郎「それは俺が玄さんの事好きじゃないからです」

玄「そんな…!酷い……酷いよ京太郎君!」ガシッ

京太郎「しつこいぞ!離れろ!」バシッ

玄「いたっ……ごめん、もう帰るね……」トテトテ

京太郎「ええ、是非」

玄「今日はごめんなさい……それじゃあ……」ガチャッバタンッ

京太郎「ふぅ……やっと帰ったか……」

玄「(ガチャッ)あ、京太郎君!」

京太郎「どわぁ!?ななななんですか!?」

玄「明日もまた来るね!」

京太郎「もう来んな!」