京太郎「………」キュッキュッ

タッタッタッ

淡「とうちゃーく!」

京太郎「………」キュッキュッ

淡「あわ?」

京太郎「!…淡来てたのか」キュッキュッ

淡「きょーたろーなにしてんの?」

京太郎「これか?…これはな床を磨いてたんだよ」

淡「今さら床磨きなんてしなくても、じゅーぶん綺麗なのに」

京太郎「ま、まあそうなんだけどな」

京太郎「…ほら俺は部活中は手伝えること少ないだろ?練習相手になれるほど上手くもないから」

淡「きょーたろ…」

京太郎「だからさ、少しでもみんなが気分よく練習できるようにってさ」ニコッ

淡「あわっ」///

京太郎「ん?淡おまえ顔赤いぞ、熱でもあるんじゃ」

淡「ふぇ!?だ、だいじょぶだから!走ってきて暑くなってるだけだよ!」アワアワ///

京太郎「ちょっと動くなよ」オデコピタッ

淡「ーーーーっ!」ボフンッ///

京太郎「うーん熱はなさそう…って淡!?」

淡「あ、あわわ、あわあわわ」

京太郎「お、おい淡?」

淡「あわーーーーー」ドヒューン

京太郎「ちょっ!どうしたんだ?」

京太郎「まぁ大丈夫だろう。…しかし焦ったぜまさか淡がこんなに早く部室に来るなんて」

京太郎「これが照さんや菫さんだったら危なかったかもしれない、妙に鋭いところがあるからな」

京太郎「だが淡のおかげで俺の作戦が完璧だと言うことが証明された!!」

京太郎「この[床を磨いて磨いて磨きまくって反射でスカートの中を覗いちゃおう作戦★ミ]のな!!」ハーッハッハッハ

尭深「…………」

京太郎「ふふふ、淡の水色を手始めに部内の全パンツを見まくってやるぜー!!」ヒャッハー

尭深「…………」

京太郎「」

尭深「……」ニコッ

京太郎「ははっ」

尭深「お仕置き…だね」