京太郎「あ、さとばべらぁ!」ゴス

智葉「…おはよう、須賀」

京太郎「…お願いですから鞄で顔を殴らないで下さいさとべぇ」ガス

智葉「……名前」

京太郎「わかりましたからもうやめてください辻垣内先輩、教科書痛いです」ボロッ

智葉「ん…それでよし」

京太郎「…今周りに人がいないわけですし、それでもダメですか?」

智葉「駄目だな」

京太郎「そんなぁ…」

智葉「大体その、恋人は名前で呼び合うという風習みたいなのが気に食わないんだ」

京太郎「素敵だと思うんですけどね」

智葉「それになんだ!人目も憚らずベタベタイチャイチャして!」クワッ

智葉「クリスマスでも正月でそれか!特別な日ならいいってか!」

智葉「羞恥心というものがないのか!」

京太郎「……まさかそれ、俺に言ってます?」

智葉「……お前も含まれてるな」ズバァ

京太郎「」

智葉「…とにかくだ、ある程度の節度を持ってほしいんだ、京太郎に」

智葉「そこらの奴らと一緒になって欲しくないんだ、私は」

京太郎「…言いたいことはわかりました。ちなみに辻垣内先輩は先程言ったことは特別な日ならしてもいいと取れますがそのあたりは…」

智葉「……まあ、節度を持ってくれるなら」

京太郎「了解しました、智葉さん!」ビシ

智葉「…お ま え」ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「…今日はあなたの誕生日ですから特別な日でしょう?なら…構わないですよね?」

智葉「んな…っ!」

京太郎「言質取りましたし、今は誰もいません。節度は守りますので安心してください智葉さん」

智葉「…はめたな京太郎おおおお!!」ダッ

京太郎「あははは!智葉さんだって名前呼びじゃないですか!」ダッ

智葉「うっ…うるさい!絶対に許さないからな!」カァァ

京太郎「説得力ないですって!」アハハ

智葉「ぬあああああ!」カオマッカ

京太郎「こんな時ですけど智葉さん!誕生日おめでとうございまーす!」ダダダ

智葉「ありがたいが節度はどこに行ったああああ!」