穏乃「天気はいいけど寒いね~」

京太郎「元日の朝っぱらからなんで散歩なんだー?」

穏乃「ほら、いつもと街がなんか違うじゃない?そこがいいんだよ」

京太郎「確かに、閑散としてるというか・・・正月独特の雰囲気はあるな」

穏乃「まー、寝正月が性に合わないって理由もあるんだけど」

京太郎「穏乃らしいな。こたつで昼寝三昧もいいもんだが」


京太郎「行き先は?」

穏乃「特に決めてないけど、近くの河原まで行こうと思ってるよ」ハーハー

京太郎「お前、手袋は?」

穏乃「忘れた!」

京太郎「自慢げに言うことか。・・・ほら、片方つけとけ」

穏乃「わ、ありがとう。でもそれだと京太郎の右手が冷えちゃうよ」

京太郎「なら、こうすりゃいい」ギュッ

穏乃「ひゃっ。手、繋ぐの!?」

京太郎「コートん中入れてもいいけど、歩きにくいしな。これで少しはマシだろ」

穏乃「そ、そうだけど…しょうがないなー、寒いからしばらくこうしてる・・・」

京太郎「手ちっちゃいなー、やわかいし」

穏乃「ひ、人の手をこねまわすなー///!」

京太郎「暖めてんだよ。気にしない気にしない」

穏乃「うー・・・(やっぱり京太郎手おっきいなー。私の手すっぽり包まれちゃって・・・あったかいや)」

――河原

京太郎「おー、当たり前だけど誰もいない」

穏乃「んー、澄んだ空気が美味しー!」

京太郎「確かに、早朝にしか味わえないもんだなこりゃ」

穏乃「さあ、河原と言えば石投げだよ!」

京太郎「この時期にやったことねえよ!」

穏乃「まあまあ、体を暖める意味も込めてさ!」

京太郎「しゃーねーなー、じゃあ勝負しようぜ!より遠くまで跳ねた方が勝ち」

穏乃「うん、いいよー!負けたら、川に向かってなんか叫ぶ!」

京太郎「海かよ!まあいいや、勝負!」


テヤー!
オリャー!


穏乃「ま、負けたぁ…」

京太郎「一世一代のアンダースローが決まったぜ・・・」グッ

京太郎「・・・さあ、負けた穏乃は川に向かって叫んでもらおうか!」

穏乃「あ、そっか!どうしよー、自分で言っといて何にも考えてなかった!」

京太郎「何でもいいだろ。今んとこ俺しか聞いてないし」

穏乃「うーん…」

京太郎「いつでもどうぞー」

穏乃「・・・・・・ん」


「―――。」


スゥ・・・


穏乃『好きだぁぁぁーーーー!!!!』


ザアァァ・・・


京太郎「…………え」

穏乃「ふぅ・・・」

京太郎「穏乃、今のはどういう・・・」

穏乃「麻雀が、好きだ―、ってね」

京太郎「な、なんだ、そういうことかよ。ちゃんと主語をだなー」

穏乃「おやー、なんか勘違いしちゃったかなー?」ニシシ

京太郎「し、してねえよ!寒いからもう戻ろうぜ!」

穏乃「うん、体もあったまったし、気は済んだ!帰ろっか!」

京太郎「おー」


穏乃(主語か。ちゃんと言ったんだけどね。すごく小さい声だったけど)

(今日はごまかしちゃったけど、いつか聞こえるように言うからねっ)

タタタッ

穏乃『京太郎!』ガバッ

京太郎「うおっ!?」