咲「ふんふふーん♪」イソイソ

咲「ふふふ、枕の下に写真を入れるとその人の夢が見られるっていうし……」

咲「折角だから初夢は京ちゃんの夢が見たいよね!」

咲「昔一緒に撮った、とっておきのツーショット写真……」

咲「これで夢でも京ちゃんと……えへへ♪」スリスリ

咲「枕の下に入れて……おやすみなさーい!」バサッ


優希「ふっふっふっ、今年の初夢にはお前が出てくる権利をやるじぇ、犬!」

優希「枕の下に写真を入れればそいつの夢が見られる……」

優希「そしてこの前ウチに来た時に撮った京太郎がタコスを作ってる写真……」

優希「これを使って夢で犬をばっちり召喚だじぇ!」

優希「夢の中でも私にタコスを献上するがいい!」

優希「おいしく、食べてやるからな……感謝するじぇ」ギュッ

優希「夜タコスも食べたし……おやすみだじぇ!」バサッ


和「枕の下に写真を入れると、その人の夢が見られるそうです」

和「そんなオカルトありえませんが、心理学的に考えれば一概に否定はできません」

和「というわけで、この須賀君が部室で居眠りしているときに撮った写真を入れてみましょう」

和「あ、あくまで実験!実験ですけど!」

和「……なんで私、一人なのにこんな強がってるんでしょうか……はぁ」

和「せめて夢の中では、素直になれたらいいなぁ……」

和「でも今日須賀君の夢をみられたら……今度こそ、素直に……」チュッ

和「明日に備えて寝ましょうか、おやすみなさい、エトペン……」パサッ

~~1月2日~~

京太郎「おはよう皆!明けましておめでとう!」

咲「京ちゃん、おめでとう!」

和「須賀君、今年もよろしくお願いしますね」

優希「遅いじぇ京太郎!」

京太郎「わりーわりー、んじゃ早速お参りに行きますか」

咲「うん」

和「初詣ではありませんがこういうのもいいですね」

京太郎「そういえば聞いてくれよ!今年の初夢なんだけどさ」

三人「「「!!」」」ドキッ

京太郎「おまえら三人と卓を囲む夢でさー」

京太郎「夢の中でもボコボコにされてたけど楽しくて」

京太郎「やっぱり皆とやるのが一番楽しいって認識をあらためたよ」

京太郎「その、俺はまだまだ弱いけど、きっと追いつくから!」

京太郎「だから、今年もよろしくな!」ペコリ

咲「京ちゃん……」

優希「京太郎……」

和「須賀君……」

咲「じゃあお参り終わったら京ちゃんの家で特訓しようか!」

和「いいですね」

優希「ビシビシいくぞー!」

京太郎「ははは……お手柔らかに頼むよ」ヒラリ

咲「あれ?京ちゃん何か落としたよ……ってこれは!!」

和「ぶ、部長とのツーショットのプリクラ……!」

優希「きょ、京太郎!これは一体なんだじぇ!」

京太郎「あ、それな?この間商店街で偶然会った時に撮ったんだよ」

京太郎「最近のやつって色々できて凄いんだなーってどうした?」

三人「「「……」」」ゴゴゴゴゴ

咲「これは……」

優希「予定……」

和「変更ですね……」

京太郎「ど、どうしたんだ?皆?」

咲「京ちゃん!これから皆で遊びに行くよ!」ガシッ

優希「プリクラとったりカラオケでデュエットしたり色々しに行くじぇ!」ガシッ

和「部長に負けていられません!行きますよ須賀君!」グイグイ

京太郎「えっ!?ちょっ、あれ!?特訓は!?ま、待ってくれー!!」


このあと三人それぞれと『二人でできる遊び』を色々やりましたとさ