美幸(ぱくぱく)

京太郎(じー……)

美幸「……何?」

京太郎「あ!いやその……いくらなんでも三食お餅は飽きませんか?」

美幸「いや全然?私お餅大好きだから」

京太郎「そうですか……」

美幸(もぎゅもぎゅ)

京太郎(じー……)

美幸「……もー!何よ、さっきから!言いたいことがあるならハッキリ言ってよ!!」

京太郎「え!?いやー、えーっと……椿野先輩の丸顔もお餅みたいでかわいいなー、なんて……あはは」

美幸「………」

京太郎(い、言ってしまった!これは間違いなく「丸顔で悪かったわね、もー!」とか言って怒られる!!)

美幸「………」

京太郎(最悪、皿が飛んでくる事も覚悟しないと……!)

美幸「ねえ……」

京太郎「は、はいっ!!」

美幸「お、お餅なら食べてくれないと……」

京太郎「……はい?」

――そして

京太郎(どうしてこうなった……)

京太郎「……じゃあ頂きますね」

美幸「ど、どうぞ!」

はむっ…(ほっぺたを甘噛み)

美幸「ひゃんっ!」

京太郎(こ、これは!)

京太郎(なんという食感……このほっぺたのとろけるような感触はまるで本物の餅のようだ!)ハムハム

美幸「んんっ……」

京太郎(それでいてゼリーのような弾力性をも兼ね備えている……まさしく至高の食感!!)ハムハム

京太郎(なんちゅうもんを……なんちゅうもんを食わせてくれるんや!)ハムハム

美幸「も、もーいいんじゃないかな?……ひゃっ♪」

京太郎(これぞ至高の食感!いつまでもこうして味わっていたい!!)ハムハム

美幸「ふあああああぁぁ……♪」


この後、夢中で30分ほどハムハムし続けて激怒されました