京太郎「そういや今日元旦ってことは明日は姫始めの日だなあ…」ポツリ

姫子「!」ガタッ

小蒔「!?」ガタッ

姫子「…神代、なして反応したと?」

小蒔「いえ…私、霧島の方では姫様と呼ばれている立場の人間ですから…」

小蒔「京太郎様の姫始めに最適かなー…と思いまして…」

姫子「…巫女は処女でないといかんっちゃろ?」

小蒔「昔の文献によると特にそうではないみたいですし…」

小蒔「何より京太郎様にこの体を捧げられるのならば巫女という立場は些細なものですから…」

姫子「ふぅん…」

小蒔「…あなたはどうして反応なさったんですか?」

姫子「そいは当然、私の名前が姫子だからっちゃけん」

小蒔「…いささかこじつけすぎでは」

姫子「それは自覚しとーよ。ばってん、こういう行事にかこつけでもせんとあんヘタレボーイは手を出せんきに、仕方なか」

小蒔「…確かに、一理あるかも」

姫子「私だって身を捧げるのはきょうたろ君以外にはしたくなかけん…絶対に負けんよ?」

小蒔「それは私もです!」

姫子「「むむむむむ」」小蒔

京太郎「二人とも見つめ合って…どうしたんです」

姫子「ここは…」チラッ

小蒔「…ですね」コクン

「京太郎様!」「きょうたろ君!」

京太郎「はいっ!?」

小蒔姫子「どっちと姫始め(なさるんですか)(するばい)!?」

京太郎「へ?」

小蒔姫子「「どっち!?」」ズズイ

京太郎「いやいや落ち着いて…どっちと、というか…どっちもすればいいじゃないですか」

小蒔「ふぇっ…」

京太郎「あれ?俺、おかしいこと言いました?」

姫子「おかしいっちゃおかしいかもしれんけど…ご主人様の言うことなら聞くしかないけんね…」ゾクゾク

京太郎「はぁ…」

姫子「そいじゃ、今日の夜楽しみにしてるけんね?」

京太郎「え?」

小蒔「優しく…してくださいね?」

京太郎「え?」





京太郎「姫始めって…やわい米を食うことじゃねえの…?」





据え膳×2を食したかそれとも誤解を解いたかはまた別のお話…みたいな