ゴーンゴーン

京太郎「あ、除夜の鐘鳴り始めましたね」ズズッ

久「今年ももう終わりねぇ」ズズッ

京太郎「そういえば、なんで俺たちもう年越しそばを啜ってるんですか?」

京太郎「「年越し」そばって言うんだから年を越した後に食べるものじゃないんですか?」

久「年越しそばは今年一年の災厄を断ち切って来年に何も持ちこさないように、っていう意味があるのよ」

久「年を越すためのそば、だから年越しそばなの」

京太郎「それなら早く食べ終わらないとじゃないですか!」ズズッ

ゴーン ゴーン

久「そうそう、除夜の鐘は年が明ける前に107回、年が明けた後で1回打たれるの」

京太郎「108は煩悩の数っていうのは聞いたことがありますけど、年内は107回だけなんですね」

久「煩悩の数、っていうのが一般的な説だけど、他には四苦八苦を表している、ともいわれているのよ」

京太郎「四苦八苦?」

久「四九と八九を足して、36+72で108」

久「まあこれはほとんど信憑性ない説なんだけどね」

ゴーン

京太郎「今年もよろしくお願いします」

久「こちらこそよろしくお願いね」

京太郎「ていうかなんで久さんの豆知識を聞かされながら年越さないといけないんですかー!」

久「あ、そばをゆでたお湯は捨てちゃダメよ、そばは茹でてる間に落ちた栄養がそのお湯の中に沢山入っているの」

京太郎「そば湯くらい知ってますよ!長野県民を何だと思ってるんですか!」

久「じゃあ京太郎君は姫初め、って知ってるかしら?」

京太郎「年が明けて初めて男女がセックスすること……ですよね」

久「正解よ、よくわかってるじゃない」

久「よめの ひさ(LV26)が しょうぶを しかけてきた!」

京太郎「でも知ってますか久さん、受精卵が着床して、子どもを出産するのは約40週、約10か月後なんです」

京太郎「そうすると、今日俺が久さんの中に出した場合俺たちの子どもは最悪12月に生まれることになります」

京太郎「俺は味わって来ました、早生まれの理不尽さを」

京太郎「約1年生きてる年数の違う子と同じクラスにさせられ、身体能力が周囲よりも遥かに劣っていてクラスカースト最下位だった小学校低学年の日々を!」

京太郎「いつからか早生まれにはグレたり自殺する人が多いと言うデータが広まり、清澄に入学したときの自己紹介で誕生日を言った後に教室がざわついたあの思い出をさせたくないんです!」

京太郎「だから子どもだけは4月から8月あたりの生まれにさせたいと思っているんです、そこはわかってください」

久「それも……そうね」

京太郎「…………」

久「…………」

京太郎(年明け早々何の話してんだ俺ら)