「……あれ?」


京太郎はいつもの様に部室に向かう。

そして扉を開けると、そこには咲が居た。


「あ、京ちゃん」

「おう」


珍しく今日は休みになり、他の皆は既に帰っている筈なのだが。


「暖房入れないのか? 凄ぇ寒ぃぞ?」

「うん。なんか故障してるみたいで……」

「つーか休みなのにどうして居るんだ?」

「ちょっと読みたいのがあって、さ」

「ホント咲って読書好きだよなー」

「それと雨宿りも兼ねてね」


そう言って、咲は大粒の雨が叩きつけられてる窓に目をやる。


「京ちゃんこそどうしたの? 休みなの知ってるでしょ?」

「んー……なんつーか牌を触りたくなった、みたいな?」

「ふふっ。何それ」

「馬鹿にしたな!これでもちょっとは上達してんだぞ!」

「そうなの?」

「信じてないだろ。ったく、いつか驚かせてやるからな!」

「そっか。頑張ってね」

「くっそぉ!素直に応援しやがってぇ!」








―――頁をめくる音と牌が卓を叩く音と雨音が不定期的に響く。

「……ねぇ、京ちゃん」

「んー?」

「お茶でも入れよっか?」

「お、気が利くねぇ―――よっしゃ、ツモ!4000オール!」

「それは3900オールだよ」

「何ですと!?」

「ちょっと待っててね」










「……はい。どーぞ」コトッ

「サンキュ…………ん、めっちゃ美味い」

「そ、そう?」

「それに凄ぇあったまるし。毎日煎れてもらいたいな」

「お、大袈裟だよ……もう……///」



そう言って定位置に戻る咲の耳が何故赤いのか、京太郎には分かる訳もなく。

再び、部屋は静かになる。






「…………」ペラッ


「…………」タンッ


「…………」


「…………」タンッ


「…………」ペラッ

「………っ……」

「…………咲? どした?」

「あ、ううん。何でもない」


……頭から爪先まで震えながら言われてもなぁ。

なんて考えながら、京太郎は無言で上着を咲の小さな肩に掛ける。


「え? きょ、京ちゃん?」

「良いから着てろって。俺は大丈夫だから」

「う、うん。ありがと…///」


一瞬で寒さが吹き飛んだ気がした。

顔が熱い。聞こえる筈の雨音が聞こえない。

ただ一つ聞こえるのは―――。


「よーし、カンだぁ!!」


咲は、ギュッと肩に掛かっている学ランを握り締めた。

京太郎には気付かれない様に。




「……あったかいなぁ……」

「しゃあ!嶺上開花―――って、今何か言ったか?」




……咲は微笑んだ。花が咲いた様な笑顔で。



「ううん。何でもない」




《おわり》
名前:
コメント: