ガラガラガラ

ラッシャーイ!

京太郎「えっと…あ、いた。ダヴァンさーん!」

ダヴァン「あ、京太郎。待ってましたヨ」

京太郎「すみません、準備に時間がかかりまして…しっかし」

ダヴァン「?」

京太郎「年明け前でもやっぱりラーメンなんですねー…」

ダヴァン「トーゼンでス!ラーメンは私のソウルフードといっても過言ではありませんかラ!」

京太郎「…アメリカ出身なのに?」

ダヴァン「細かいことは気にしてはいけませン。それにホラ、ラーメンもソバですし年越しそばにもピッタリでしょウ?」

京太郎「言われてみればそんな気も…とりあえず注文しますか。俺は…味噌ラーメンを」

ダヴァン「それじゃ私は…豚骨お願いしまス」

アイヨー

京太郎「あと四ヶ月かー…」

ダヴァン「どうかしたんですカ?」

京太郎「いえ、あと四ヶ月でダヴァンさんや智葉さんが卒業するんだなーって」

ダヴァン「ああ、そういえばそうでしたネ」

京太郎「ダヴァンさんはもう進路は決めてたり?」

ダヴァン「ウーン…ぜんぜん考えていませんでしたネ…アメリカに帰るかそれともラーメン屋を巡るか…」

京太郎「まぁそういう感じであと何回ラーメンを一緒に食いに行けるのかとつい…」

ダヴァン「ンー…」

ヘイオマチー

京太郎「あ、ラーメンきましたね」

ダヴァン「…まあ、どうなるかはわかりませんケド…とりあえずはこれからの四ヶ月、一杯一杯を噛みしめて食べることから始めましょうカ!」

京太郎「あはは、それもそうですね…それじゃあ」

「「いただきます!!」」

ゴーンゴーン

京太郎「あ、年明けた。今年もよろしくお願いしますね」

ダヴァン「ほへはふはんはへー」ズルズル

京太郎「あーあー食いながら喋るからあちこち飛び散って…もー」フキフキ

ダヴァン「ンー…今年もよろしくお願いしまス?」

京太郎「そんなことはお願いされたくないかなーって」