プールではしゃぐ咲に思わず見とれた。

水に濡れた髪で笑う姿がいつもと違って妙な色気がある。

「…咲の奴、やっぱり機嫌いいな」

俺は関係ない独り言を漏らして、錯覚を打ち消した。

「どーん!」
「わぁっ」

ビーチボールを受け止め損ね咲が楽しそうにプールに沈む。

錯覚だろ?

俺は和や風越のキャプテンみたいなおっぱい美少女が好――…


「隙あり!」
「いってぇ!?」

突然タコスからビーチボールを当てられ俺はプールに沈んだ。

「な、何すんだっ」
「気を抜くな、小僧。まぁ、私の水着姿に見とれる気持ちもわかるがな」
「いや、全然」
「何をー」

いつもみたいにタコスをあしらっている内に、内心の動揺が収まった。

「あはは、京ちゃん、大丈夫?」
「ん、あぁ。サン…きゅ」

小走りに近付き、手を差し出す咲に再び見とれる。

何でだ?相手はあの咲だぞ?何考えてんだ?俺!

「ん?あれ?京ちゃん、どうしたの?大丈」
「隙あり」
「きゃあっ」

心配そうに覗き込む咲の手を俺は乱暴に引いて、プールに沈ませた。

「ちょっ、ちょっと。京ちゃん!酷いよ!心配したのにっ」
「あはは、わりーわりー」
「もうっ。それならどーして目を逸らすの?」

仕方ないだろ。まともにお前の顔が見れないんだから。

可愛らしく頬を膨らませて抗議する咲を無視して、俺は和にボールを投げた。


おしまい

名前:
コメント: