京太郎「失礼します」

「おう、来たか。まぁこっちこい。一杯付き合えや」

京太郎「はい(未成年って、今更か)」

「ほれ。酌してやるよ」

京太郎「どうも、いただきます」

「おう…うん、うく、ぷはぁ」

京太郎「うく…あ、おいしい」

「ま、そこいらに転がってるモンじゃねぇしな…ところでよ、京太郎」

京太郎「はい?」ゴクゴク

「お前、智葉を抱いたそうだな?」

京太郎「ぼはぇぼっ!?」

「うをぉっ!?いや、驚きすぎだろ。ちょっと落ち着け」

京太郎「あ、いや、すんません…え、なんで」

「なんでっつわれても、俺の娘が目に見えて浮かれてやがるからよ。こりゃなんかあったなと」

京太郎「…カマ、かけました?」

「いや、カマもなにもそんだけ慌ててたらいやでもわかんだろ」

京太郎「ですよねー」

「まぁ、お前らの年頃なんてヤリたい盛りだしな。うわごとみてぇにお前の名前つぶやいてんだ。察しはつくさ」

京太郎「智葉さんェ…」

「ま、そこはいいさ。で、どうだった」

京太郎「…なにが、ですか?」

「なにって、ナニに決まってんだろ」

京太郎「オヤジか!」

「親父だよ」

京太郎「なに真正面から娘とその彼氏の秘め事に口出してんすか!」

「いやだってよ?今の今まで手ぇださなかったくせにいきなり階段登ったとか、そりゃあ根掘り葉掘り聞きたくなるのが人情ってぇもんだろ?」

京太郎「いや、それ人情じゃないでしょ。ただのデバガメですよ」

京太郎「つか、手だしてよかったんですか?大事な愛娘でしょうが」

「いや、とっとと出せよ。そんで俺のことを早くお義父さんって呼べよ。『娘が欲しけりゃ、この俺の屍を越えていけ』の件(くだり)をやらせろよ」

京太郎「えぇー」

「大体よー、お前も智葉も変なとこヘタレだからよぉ、組員一同気が気でなかったんだぜ?」

「ま、そこらは安心できたがな。やっとこさ鞘に収まったって感じで」

京太郎「親父さん…」

「で、娘の具合はどうだった。まさか初体験から子作りってわけじゃ…いや、どうせならそれで初孫が出来れば御の字か…」

京太郎「スイマセンっ!勘弁してくれませんかねぇ!?」

カンッ。