京太郎「なあ、憧。ちょっといいか?」

憧「何よ?」

京太郎「ちょっと相談したい事が……実は最近、玄さんにストーカーされているんだ」

憧「玄に!?ま、まあ確かに玄ならやりかねないけど……」

京太郎「ああ、それでストーカーを止めさせるいい手は無いかなって思ってさ」

憧「そうね~、いっそ付き合っちゃえば?」

京太郎「やだよ!俺には心に決めた人がいるし、それでなくともあんな愛が重い人とは付き合えねえよ!」

憧「まあ~、そうよね~……ならば玄に嫌われるくらい酷い事してみれば?」

京太郎「酷い事って……例えば?」

憧「そこまでは知らないわよ。自分で考えなさいな」

京太郎「あ、ああ。そうだな……(酷い事……か。そういえばストーカーにレイプしたらどうなるのかな?よし、やってみるか!)」

…………
………

京太郎「はぁ~、今日も疲れた~。さて、飯でも食うか」

ピンポーン

京太郎「……来たか」スクッスタスタ

ピンポピンポピンポーン

京太郎「はいはーい」ガチャッ

玄「こんばんは!京太郎君!来ちゃった」

京太郎「……」スウ…

玄「ああ!?待って!閉めないで!」ガシッ

京太郎「(おっと、いかんいかん)で、何の用ですか?」

玄「うん!京太郎君と一緒にいたくて…」

京太郎「そうですか。中へどうぞ」

玄「えへへ~、お邪魔しま~す!」

京太郎「(今だ!)オラァッ!」

玄「きゃあ!?(ドサッ)いたた…」

京太郎「オラッ!早く脱げや!」ヌガシヌガシ

玄「えっ?えっ?」

京太郎「ふっへっへ、いい体してんじゃねえかよ!」カチャカチャッチーッファサ

玄「な、何?京太郎君……何する気なの?怖いよ…」

京太郎「うるせー!何が怖いだよ!挿入れさせろやオラァァァ!!」ズププッ

玄「いっ…!痛い!痛いよ京太郎君!お願い!やめて!」

~染谷まこちゃんのワカメクリムゾン~

京太郎「はぁ…はぁ…ふぅ…」

玄「うぅ…酷いよ京太郎君……やめてって言ったのに……」レイプ目

京太郎「へっ!俺はこういう酷い奴なんだよ!分かったらもう俺に付きまとうなよ!?いいな!?」

玄「でも……でも、とうとう京太郎君と繋がれたんだよね」

京太郎「……はいっ?」

玄「ちょっと痛かったけど……京太郎君と一つになれて嬉しいよ」

京太郎「嫌な予感……」

玄「ねえ、京太郎君。セックスまでしちゃったんだから責任取ってね?」

京太郎「えっ……い、いやあそれは……」

玄「返事ははいかイエスだけだよ!私これでも初めてだったんだから!」

京太郎「は、はい……」

玄「よろしい!」ニコッ

京太郎「嘘やん………」

…………
………

京太郎「という訳で、玄さんと付き合う事になりました」

憧「駄目だこりゃ」

カンッ