玄「急に京太郎くんに会いたくなって家まで来ちゃったのです!」

玄「(ガタガタ)うーん、やっぱりもう深夜だし玄関は閉まってるね」

玄「インターホン鳴らして寝てる所を起こすのも悪いし…よし!」

ペタペタ(ガムテープを窓に貼る) パリン!(金槌でガラスを割る)

玄「お邪魔しまーす(小声)」

玄「京太郎くんの部屋は…ここだね」ガチャ

須賀「ZZZ…」

玄「!!!!!?!?」

玄「……はふう。きょ、京太郎くんの寝顔が可愛すぎて危うく気絶する所だった」

玄「全くとんでもない破壊力だよ……来て良かった!」

玄「で、で、ではそろそろ……いただきまーす!」

ガツン!

玄「あえ?」

バタッ


モモ「ふう、全くとんでもない人っすね。ほとんど強盗じゃないっすか」

モモ「とりあえず外に放り出しておくっす」ズルズル

モモ「ふう、運んできたっす」

モモ「リンシャンさんといい、危ない人がちょくちょく侵入してくるっすね」

モモ「でも大丈夫っすよ。私が守ってあげるっす」

モモ「……だからちょっとくらいご褒美もらってもいいっすよね」

モモ「そ、そう、これは正当な報酬っす。同じ布団に入るだけで何もやましい事は…」いそいそ

京太郎(スヤスヤ…)

モモ「きょ!きょきょ京太郎さんの寝顔が目の前に…!」

モモ「い、いや私はあの人達とは違うっす…そんな寝込みを襲うような卑劣な真似は……」

モモ「……髪を触るくらいなら問題ないっすよね?」サワサワ

モモ「ほっぺたをつつくのも大したことじゃないはずっす」プニプニ

モモ「抱きしめるくらいなら許されるんじゃないっすかね?」ギュッ!スリスリスリスリ

モモ「キスくらいまでならギリギリセーフっすよね!」チュッ!チュッ!チュッ!

モモ「先っぽだけ!先っぽだけならノーカンっす!!!」



この後、どこまでエスカレートしたかはご想像にお任せします

カンッ!