咲「・・・。」ボーッ

和「宮永さん、どうかしたんですか?最近あまり元気がないようですが・・・。」

咲「え?いや、なんでもないよ!」

ガチャッ

久「あら、皆そろってるみたいね。」

優希「京太郎がまだだじぇ。」

久「須賀君は今日家の用事で休むそうよ・・・あら?」

咲「はぁ・・・。」

久「・・・須賀君のことで何かお悩みかしら?」

咲「はい・・・って、えぇ!?」

和「なるほど、そういうことでしたか・・・。」

まこ「恋の悩みか。乙女じゃのー。」

咲「あぅ・・・////」

久「咲は須賀君のことどうしたいの?」

咲「どうしたいっていうか、その・・・もっと私のこと見てほしいというか・・・。」

久「須賀君は人当たりがいいから女子からも意外と人気あるものねぇ。それで妬いちゃったのね。」

咲「べ、別に妬いてるわけじゃ・・・!」

まこ「じゃあなんじゃ?」

咲「う・・・それは・・・。」

和「お二人とも、あまり宮永さんを困らせないでください・・・。」

まこ「あっはっは、悪かったのう。」

優希「それじゃあ咲ちゃんと京太郎が結ばれるためにどうすればいいか、みんなで考えようじぇ!」

久「甘いわね、優希。その答えはもう出ているわ。」

優希「なぬ!?さすが部長・・・ではその答えとやらを教えてほしいじぇ。」

久「それはね・・・咲がもっと積極的になることよ!!」



次の日

京「ふあー・・・眠い。」

咲「きょ、京ちゃん!おはよう!」

京「おー、おはよう。今日はなんか元気だな。」

咲「そ、そうかな?私はいつもおどおりだよ!うん。」

咲(やっぱり変に思われてるのかなあ・・・ううん、ここであきらめちゃだめだよ!)ギュッ

京「うえ!?お、おい咲・・・!」

咲「なあに?京ちゃん。」

京「い、いや、なんでもない。」

京(な、なんだ。なんで急に腕に抱きついてくるんだっ・・・////)

咲「ほら、はやく行かないと遅刻しちゃうよ!」ぐいぐい

京「あ、あんまりひっぱるなって!」

咲(う、うあぁ・・・恥ずかしいよぅ////)



久「ふ、うまくいってるみたいね!」

まこ「いってる・・・のか?」

優希「咲ちゃんあがりまくりだじぇ。」

和「頑張ってください、宮永さん!」

咲「京ちゃん、お昼一緒に食べよう?」

京「おう、じゃあまたレディースランチでも・・・」

咲「あ、あのね京ちゃん!その・・・。」

京「どうした?」

咲「私お弁当つくってきたの!お外でたべよう!」

京「あー、じゃあ俺はなんか買ってくよ。持ってきてないんだ。」

咲「む・・・二人分つくってきたの!!」

京「え、ほんとか?じゃあ行こーぜ!」ぐいっ

咲「え、あ、うん!////」



咲「はい、どうぞ。」

京「おー、なんか本格的だな!」

咲(京ちゃんに喜んでもらえるように早起きして頑張ったもん。)

京「いたたきます!」

咲「あ、ちょっと待って!」

京「ん?まだ何かあるのか?」

咲「え、えっとね、その・・・////」




久「咲!台本通りに行くのよ!ほら、今がチャンス!!」

和「宮永さん、勇気を出してください!」

優希「面白くなってきたじぇー。わくわく」

まこ「何しとるんじゃろーなぁ、わしらは。」




咲「あーん!」

京「ん?」

咲「た、食べさせてあげる。ほら!」

京「う・・・////」

咲(や、やっぱり引いてるのかなぁ・・・?)うるうる

京「あ、あーん。」パクッ

咲「あ・・・。」

京「ん、うまい!」

咲「ほんと?」

京「ああ。いつの間にこんなにうまくなったんだよー。」

咲「えへへ・・・////」

京「うん、これもうまい!」



和「上手くいったみたいですね。」

優希「犬め、デレデレしおってからに・・・。」

久「いい感じね。けどまだまだこれからよ!」

まこ「ほどほどになー?」


咲「ツモ!」

京「う・・・全然あがれねえ。」

咲「あはは・・・。ごめんね?」

京「いやー、あやまることじゃないって。」

久「今日はそろそろ終わりにしましょう。片づけてー!」

京「ふう、明日こそは・・・。」ジャラジャラ

咲(あ・・・ちゃ、ちゃんすだよ!)ぎゅっ

京(ん?あ・・・咲の手をにぎってしまった!)

京「わ、悪い!」

咲「う、ううん。悪くなんてないよ!」

久(あら、なかなか積極的になってきたじゃない。)



久「じゃあまた明日ねー。」

京「おつかれさまでーす。」

咲(夜道で二人っきり・・・今まではあんまり意識したことなかったけど、これってすごいことなんじゃないかな////)ドキドキ

京「咲?」

咲「ふぇ!?な、なあに京ちゃん!」

京「なんか下向いてたからさ。もしかして何か悩みでもあるのか?」

咲「む・・・。」じーっ

京「なんだよ?」

咲「京ちゃんのせいだよ!もう。」

京「え、俺のせい!?」

咲「もう・・・京ちゃんのばか。」

京「えーと、ごめんなさい?」

咲(えと・・・今ならだいじょうぶかな・・・だいじょうぶだよね、うん。)ぎゅっ

京「え・・・ど、どうしたんだ急に。」

咲「わ、私の手を握ってるのはいや?」

京「そんなんじゃねーよ!」

咲「じゃあいいでしょ!」

京「あ、ああ!」

京(咲相手に何ときめいてるんだ俺はーっ!)ドキドキ

咲「京ちゃん・・・私、はなさないからね、絶対。」

京「ん?まあ家に着くまではこのままでいいけどさ。」

咲「・・・京ちゃんはにぶいなあ、ほんとに。」

京「なにおう、お前に言われたくはないぞー!」



和「結局ここまでついてきてしまいましたね。」

久「んー、もう一歩踏み込んでもいいんじゃないかしら。」

優希「けどなかなかいい雰囲気だじょ。」

まこ「お前ら、楽しんどるじゃろ?」


ひとまず完
名前:
コメント: