姫子「きょうたろ君…準備はよかと…?」

京太郎「ええ…どうなっても恨みっこなしですよ…?」

姫子「私が持ちかけた勝負やき…餅が関係するだけに」

京太郎「すみませんこれっぽっちも面白くないです」ズバァッ

姫子「ひぅんっ♪」ビクン

姫子「きょうたろ君の容赦ないつっこみ…癖んなるぅ…」ゾクゾク

京太郎「…と、とりあえず始めますよ」

姫子「ん、んんっ…いつでもええよ」

京太郎「では…いざ!」

「「ジャンケンポン!」」

………
姫子「ぅー……」ハムハム

京太郎「…何がそんなに不満なんです?美味しいじゃないですか、関東風」

姫子「確かにおいしかよ…ばってん、焼き餅やからあんまり伸びんもん…」

京太郎「はぁ…」

姫子(焼かんかったらのびーってなるからモッチーゲームとかできたのに…)ハムハム

京太郎「…」ポスッ

姫子「んむっ」

京太郎「…大体何やりたいかってのはわかりますけど、たまには普通に過ごしてみませんか?」ナデナデ

姫子「普通に?」

京太郎「普通に、です」

姫子「…まぁそういうのもええかもね」ハムハム

京太郎「はい」ニコッ

姫子「…」

京太郎「どうしました?」

姫子「…やっぱ我慢できんね」ダラダラ

京太郎「よだれ!?」

姫子「もーあかん。きょうたろ君が可愛すぎるのが悪か。食べてええんよね?答えはきいとらん」ガバッ

京太郎「イヤァーーー!!」

カンッ