泉「あかん…」


泉「あかんわ…」


泉「須賀君のこと好きになった…」


泉「もう大好き…」


泉「でも須賀君は私みたいな子はタイプやないらしいし…」


泉「…」


泉「だからといって諦めるほど潔くもないわ…」


泉「…」


泉「あ、須賀君がおる…」


泉「…また清水谷先輩に鼻の下のばして……」


泉「先輩ももうちょっと嫌そうにしたらいいのに…」


泉「………………やるしかないわ」


泉「…」

京太郎「泉ー、ここから何運べばいいんだー?……ちょっと暗いな、電気つけてくれ」

泉「…(ドアに内鍵かけて)」ガチャッ

泉「…(針金巻き巻き)」グルグル

京太郎「泉ー、おい泉、泉ったら泉ー、なにやってるんだ早く電気つけてくれよ、こっちは手元がよく見え…」ゴソゴソ

泉「須賀君…」ピト

京太郎「わひゃっ!? あぁ?! い…泉!お前なにくっついて…」

泉「はぁ…須賀君…須賀君の背中…」スリスリ

京太郎「ななななななな………!!」

泉「んん…須賀君……好きや……」

京太郎「いずっ……んむっ」チュ

泉「ん……はぁっ……好きぃ…ほんまに好きなん……」

京太郎「え……え…?あ………え?」

泉「もう、にぶいなぁ……じゃあ本気見せたる」グイッ ムニ

京太郎「!?」

泉「どっ…どう…?ここはちっさいけど…私の体でも…そう悪くないやろ…?な…?」

京太郎「…!…!?」

泉「なっ、なぁ…いいやろ…私の体……なぁって…!」ギュッ

京太郎「おぷっ!」

泉「んんっ…ふぅっ…んっ……け、結構恥ずかしいんやで…!おっぱいって言うほどないけど…好きな子の顔にあてるなんてっ…!」

京太郎「んんっ!んんー!」

泉「分かったやろ…本気やって……!だからっ…だからなぁっ…!」


泉「私の、私の彼氏に……なってください……」


カンッ