久「ねえ須賀くん」

京太郎「何ですか部長」

久「ちょっとやって欲しい仕事があるんだけれども…」

京太郎「牌譜の整理ですか、それとも買出し、マッサージですか?」

久「いや、そういうのじゃなくて…これ見てくれるかしら」

京太郎「なになに…1週間ここで暮らしたら30万ですか…?」

久「そうよ! 知り合いが人探しているんだけどなかなか見つからなくてね」

京太郎「暮らすだけで30万ですか…何か裏がありますよね…」

久「たとえば?」

京太郎「住人がホモでお尻の穴狙われたいとか…」

久「ないない、ちゃんと信頼できる人からの話だから安心していいわよ」

京太郎「じゃあとりあえず引き受けますよ、部長のためですし」

久「おっけー、なら日曜にここの場所に…」


京太郎「今日からここでしばらく生活するのか…」

はやり「君が新しいお隣さんかなっ☆」

京太郎「はやりん!?」

はやり「はやりのこと知ってるんだ! うれしいなっ☆」ギューッ

京太郎「そんな抱きついたらおもちが! おも…」

理沙「離れる!」プンスコ

はやり「チッ…邪魔が入ったか…」

京太郎「助かったぜ…ところであなたは?」

理沙「野依理沙! お隣さん!」プンスコ

京太郎「えっと…もしかしてあの野依プロですか?」

理沙「プロ雀士!」プンスコ

咏「なんか面白そうなことやってるね~」

京太郎「…おじょうちゃんはこのアパートの子なのかな?」

咏「ガキ扱いすんじゃねーし」ペシッ

京太郎「あだっ!」

咏「これでもあんたより一回り年上だよー」

はやり「咏ちゃんも私たちと同じプロなんだよ?」

京太郎「えっ…まさか三尋木プロ!?」

咏「そだよ~もしかして知らなかったかい?」

京太郎「いや、思ってたよりさらに小さくて…いたっ!」

咏「失礼なやつめ…お姉さんがちょっと礼儀を教えてやろうか?」ペシペシ

京太郎「痛いです! 思ったよりそれ痛いですから!」

健夜「三尋木プロ…その辺で…」

京太郎「小鍛治プロまで!?」

健夜「あっ、私のことは知っててくれたんだ…」グッ

京太郎「あのスク水ネコ耳が好きなアラフォー実家暮らしの方ですよね?」

健夜「こーこちゃあぁあぁぁん!!」


京太郎「荷解きはこんなもんでいいか…流石に疲れたし一眠りでも…」

ピンポーン

京太郎「誰だ…はーい!」ガチャ

理沙「お疲れ!」プンスコ

京太郎「野依プロ!?」

理沙「理沙でいい!」プンスコ

京太郎「でも目上の方ですし…」

理沙「いいから!」プンスコ

京太郎「じゃあ…理沙さん?」

理沙「なに!」プンスコ

京太郎「何か御用ですか?」

理沙「膝枕!」

京太郎「え?」

理沙「してあげる!」プンスコ

京太郎「いきなりどうしたんですか…?」

理沙「イヤなの!」プンスコ

京太郎「イヤというわけでは…」

理沙「なら早く!」プンスコ

京太郎「いいんですか?」

理沙「うん!」プンスコ

京太郎「じゃあ遠慮なく…」ゴロッ

理沙「どう!」プンスコ

京太郎「ほむ…これはなかなか…」

理沙「よかった!」プンスコ

京太郎「それじゃあすいませんがちょっと疲れたので…一眠り…」

理沙「おやすみ!」プンスコ


京太郎「思ったよりたくさん寝たなぁ…理沙さんに膝枕してもらったせいだろうか?」

京太郎「でもおかげでもうこんな時間だ…飯作るにも材料ないし今日はコンビニで弁当でも…」

ピンポーン

京太郎「また誰かが…はーい」ガチャ

健夜「あっ、どうも」

京太郎「小鍛治プロ…何か御用で?」

健夜「引っ越したばかりでご飯も作れなかっただろうから…ちょっとお弁当を…」

京太郎「作ってくれたんですか?」

健夜「これなんだけど…」パカッ

京太郎(なんだ…この普通の料理では見ない鮮やかな紫色は…)

健夜「たくさん作ったから…遠慮しないでいいよ?」ドン

京太郎(これを食べる…無理っ…いや…死ぬっ!)

「おいおい小鍛治プロやー」

健夜「えっと、その声は…」

「自分の弁当を食べさせる前にまず味見してみなー」ヒョイ

健夜「ふがっ! ふごふご…ぐえっ!」バタッ

京太郎「三尋木プロ!」

咏「あぶなかったねぃ…これ食ってたら死んでたぞ…」

健夜「…」チーン

咏「あと三尋木プロじゃなく気楽に咏でいいよん」

京太郎「じゃあ…咏さんもなにか御用で?」

咏「うちでご飯作ったんだけど食べに来るかい? 飯も用意できてないんだろ」

京太郎「いいんですか?」

咏「てか来いよ、せっかく作った飯が無駄になっちまうぜぃ」

京太郎「じゃあおなかもこんな感じなので…」グー

咏「じゃあうちにいくぞぃ、我が家の味で楽しませてやるよー」

京太郎「言っときますけど料理にはうるさいですよ?」

咏「おっけー、そこのダークマターと違って私は料理得意だし期待していいぜ」

健夜「…」チーン

京太郎「あーそれにしても咏さんの飯はうまかったなー、あんな飯なら毎日でも食べたいくらいだな」

京太郎「それにしても小鍛治はあんなんだから結婚できないんだろうな…アラフォーで飯すらまともに作れないとは…」

京太郎「えっととりあえず飯食べたし風呂にでも入るか…」



京太郎「ふぅ…流石にうちに比べたらアパートの風呂だし狭いよなぁ…」ゴシゴシ

はやり「そうだね、でも京太郎くんと密着できるって考えたら悪くないかな☆」

京太郎「ははっ、確かに密着とかおいしいですよ…ね…」

はやり「あはっ☆」

京太郎「のわああっぁああ!?」

はやり「あっ、背中ははやりが洗ってあげる。それとも全身を洗って欲しいかな?」

京太郎「ななななんではやりんがここにぃ!?」

はやり「うちのお風呂は今壊れてて…だから一緒に入れてもらおうと思って☆」

京太郎「だだだだめですってそんなの!」

はやり「まあまあ、その代わりおっぱい見せてあげるからっ☆」

京太郎「…………それでも駄目ですね」

はやり「かなり迷ったよね? このえっち☆」

京太郎「男ですから」

はやり「責任取ってくれるなら見るだけじゃなくてもっと…」

「ちょっと何してるの!!」

「さすがに見過ごせないねぇ~」

「汚い!」プンスコ

はやり「あちゃーみんな来ちゃったか☆」

京太郎「あっ…皆さん…って裸だと!?」

咏「風呂なんだし当たり前じゃね? しらんけど」

健夜「あんなに胸大きいんだ…なんで私は…」

理沙「混浴!」プンスコ

咏「さすが嫁き遅れ、いきなり食いにいくとはねぇ~」

はやり「あはは~わかってるなら譲ってくれないかな☆」

理沙「だが断る!」プンスコ

健夜「若いイケメンなんてそう簡単に譲れないんだから!」

京太郎「……」コソコソ

はやり「逃がさないぞ☆」ガシッ

京太郎「ですよねー」

はやり「じゃあこうなったら誰が一番最初に妊娠するかで勝負ね☆」

理沙「わかった!」

健夜「えっとこの前の生理は…大丈夫いけるはず…」

京太郎「アラサーとなんていやだーっ!」ジタバタ

咏「大丈夫だよん、そっちは気持ちよくなって出してもらうだけだからねぃ」

京太郎「うわぁぁぁぁぁあぁぁ」



久「それで結果は?」

京太郎「全員1発で妊娠です…」

久「あらら…随分と優秀な種だったのね…」

京太郎「…どう責任とってくれるんですか?」

久「いやぁ…私もまさかそこまでするとは…」

京太郎「ねえ部長」

久「何かしら?」

京太郎「4人も5人も大差ないですよね?」ガシッ

久「やっ…放してっ!」

京太郎「大丈夫です、痛いのは最初だけですから…すぐ気持ちよくしてあげますって」

久「お願い…騙したのは謝るから…ね?」

京太郎「駄目です!」

カン!