京太郎「どういう事ですか?」

雅枝「…」

京太郎「旦那さんご存命じゃないですか。未亡人だなんて嘘ついて」

雅枝「…ごめん」

京太郎「…とにかくお互い忘れて生徒と監督に戻りましょう。それじゃ」

雅枝「…や」

京太郎「え?」

雅枝「ぐすっ…ひっく……嫌や…別れとうない…」

京太郎「そんな事言われても…旦那さんいらっしゃるんでしょう?」

雅枝「ぐすっ…だって…京太郎の事、好きになってしもうたんやもん!もう京太郎無しの人生なんて考えられへん!」

雅枝「…えぐっ…お願いや…捨てんといて…何でも…何でもするから…側においてください…」

京太郎「…」(どうする、俺!?)

→ 1・雅枝を受け入れる
   2・雅枝と別れる


続きはウェブで