京太郎「と、ここが会場だ」

淡「ありがと、キョータロー」ギュッ

京太郎「……お前初対面なのに、やたら馴れ馴れしいな」

淡「んー、なんか相性いいんじゃない? 私達」

京太郎(あながち否定出来ないのが悔しい……)

淡「ねえねえ、キョータローはどこの高校なの?」

京太郎「ん? 俺は……」


真佑子「京太郎くん、何処行ったんだろ……」

真佑子「京太郎くんにいいところ見せたいのに……今年が初出場だから、気合い入れないと」

真佑子「やってやる……あっ、あれって京太郎く―――」

京淡「キャッキャウフフ」

真佑子「……!? そんな……京太郎くんがあんな可愛い女の子と……」ガビーン

京太郎「それでその真佑子さんってのが……って真佑子さん!? 何ですかその顔芸は! マズいですよ!」

真佑子「やっぱり私みたいな子より、そういうキャピキャピした子のがいいんだ……」

京太郎「いや年齢はほとんど変わりませんから!」

真佑子「京太郎くん、その子とお幸せにね……」

京太郎「だから何の話!?」

淡「なんか置いてけぼりなんだけど」プクー

京太郎「真佑子さん……」チュッ

真佑子「あっ……京太郎くん」

京太郎「俺は真佑子さん一筋ですから。恋人のこと、もっと信頼して下さい、ね?」

真佑子「京太郎くん……」ジワ

淡「……!?」ガビーン

京太郎「あれ!? 顔芸が伝染った!?」ガビーン

カン