京太郎「白水部長」

哩「なんや?」

京太郎「新道寺ではクリスマス会とかしないんですか?」

哩「あぁ!?何でそがん西洋被れの行事とかせんばいかんとや!?わいコラくらさるっぞ!」

京太郎「えぇっ!?いや、すいません!殴らないで!」ササッ

哩「はぁ……あーあ、わいのせいで嫌な事ば思い出してしもうたやっか」

京太郎「い、一体何があったんですか?」オドオド

哩「あー……あれは何時やったかにゃあ……そうそう、確か中三の時のクリスマス会やったっけ…」

~~~~~~

男子A「白水~、パァーっと盛り上がろうぜ!パァーっと!」

男子B「そうそう!ほらこれ飲めよ!」

哩「んー?こらビールじゃなかとか?見付かったらまずかっちゃない?」

男子A「まま、今日くらい固い事言わずにハメ外してこうぜ!」

男子B「大丈夫大丈夫!見付かりゃしないって!」

哩「ま、よかか」

男子A「そそ!ぐいーっといっちゃって!(ぐっひっひ!酔い潰れたら3Pでヤりまくるぞ)」

男子B「一気!一気!(了解!ああ、楽しみだなぁ…)」

哩「なんしよっとや?わい達も飲めさ」

男子A「あ、ああ!そうだな!(くそ!作戦失敗か!?)」

男子B「よし、グラスは持ったな?(なぁに、先に酔い潰せばいいだけさ)」

哩「そいじゃ、カンパーイ!」

…………
………

男子A「うぇぇ……もう無理ぃ……」ゲプッ

男子B「もう駄目だぁ……おしまいだぁ……」ぐてぇ

哩「なんやわいら、それでも九州男児か?ほら、もっと飲めぇ!」グイグイ

男子A「もうやめてぇ……」

男子B「俺達のライフはもう0よ……」

哩「チッ!雑魚どもが!(ゴクッゴクッ)ほらほらぁ!みんなも飲もうで!」

女子A「い、いやぁ……私は遠慮しとくわ……」

男子C「私も遠慮しておきます」

女子B「し、白水さん強かねぇ……」

哩「なんやみんな付き合い悪かな~!まあよか!(ゴクッゴクッ)ぷはぁー!!あ~美味か~!こがん飲んだと久しぶりばい!」

~~~~~~

哩「その後、男子達の介抱させられるわ、嘔吐物の処理ばさせられるわ、~~会があった時は白水哩お断りにされるわで散々やった……」

京太郎「そんな過去が……」

哩「だけんうちではエース権限でクリスマス会ばせんごとした」

京太郎「そういえば白水部長は三年間ずっとエースでしたっけ。なるほどなぁ……」

哩「分かったら帰るぞ!12月25んちは一年の中で最も好かん!もう帰って寝る!」くるっ

京太郎「でも思うんですけど、酒を飲まなければ大丈夫って事ですよね?」

哩「(ピクッ)」

京太郎「酒抜きでクリスマス会、やってみません?」

哩「……そ…」

京太郎「?」

哩「そげん言うたっちゃ、もう他の部員は帰っとっぞ。今更出来んやろう」

京太郎「確かに……なら部長と俺、二人だけでしてみませんか?部長が宜しければですけど」

哩「……むぅ///」

京太郎「来年も再来年もクリスマスは来ます。ならば今、トラウマを克服すべきではないですか?」

哩「……わ、分かった。やろうか、二人だけのクリスマス会…///」

京太郎「はい!それでは早速買い物に行きましょう!いや~楽しみだなぁ~!」

哩「さ、酒は飲まんけんな!?」

京太郎「分かってますって!酒は元々買う気も飲む気もありませんよ」

哩「お、おう…したら買い物行こうか」

京太郎「はい!」

カンッ!続きは無いアルよ