はやり「はやぁ・・・、おこた気持ちいいねー京太郎くん」

京太郎「ですねー。さっきまで寒空の下でしたから余計あったかく感じますよ」

はやり「うんうん♪クリスマスデートももちろん楽しかったけど、やっぱ冬はおこたで
のんびりがいちばんだよっ!」

はやり「もっと言うと、京太郎くんと一緒にいるのが一番かな?」 

京太郎「はいはい、ありがとうございます」

はやり「ふふ、赤くなってるー。可愛いんだ」

京太郎「・・・」

はやり「やめてーはやりんのどてらを脱がさないでーお気に入りなのー」

京太郎「大丈夫。俺が作ったやつですし。着脱与奪権は俺にありますから」

はやり「初めて聞いたよそんな言葉っ!?うぅ、いじわるだ。はやりの彼氏さんはいじわるだよぉ」

京太郎「じゃあはやりさんは意地悪な彼氏がつくったクリスマスケーキはいりませんか?」

はやり「京太郎くんだいすきー」

京太郎「変わり身はえーな」

はやり「別に変わり身してないよ?」

はやり「はやりは、いじわるな京太郎くんも大好きなんだから✩」

京太郎「」

はやり「わーい♪ケーキの上にトナカイくんとサンタさんだー✩」

京太郎「どうぞ召し上がってください」

はやり「もぐもぐ・・・うん、とっても美味しいよっ」

京太郎「はは、それなら嬉しいです」

はやり「うぅ、はやり、京太郎くんに胃袋をがっちり掴まれちゃってるよ」

はやり「これじゃあもう、京太郎くんから離れられないね」

京太郎「大丈夫ですよ」

 ぎゅうっ。

はやり「はぅ♪」

京太郎「俺だって、もう離したくないですから」

はやり「へへ、そっかぁ。じゃあ、おそろいだね」

京太郎「はい、お揃いです―――ふむぐっ!?」

はやり「ふ、ん...」

京太郎「ちょ、はやり、さん」

はやり「ちゅ、ふ...ちゅ...ちゅう」

はやり「...いっぱいしよ、京太郎くん」

はやり「二人でいっしょに、ね♪」

カンっ!