久「須賀君、甘やかしなさい」

京太郎「………理由は問いませんので、誰をどのようにすればいいのかだけ教えてください」

久「私達よ、決まってるじゃない ちなみに理由はクリスマスだからってことで」

和「清澄の部員として須賀君への要求は当然の権利です」

咲「最近京ちゃんとの距離が遠いと思いまーす、宮永さんも甘やかしを希望しまーす」

まこ「特にわしなんて何だか絡みが少ない気がするんじゃー甘やかせー」

優希「方法は任せるからとにかく満足させるんだじぇ!」


京太郎「はぁ…わかりましたよ、ほら」

グイッ

和「わぁっ♪」

優希「じょっ♪」

京太郎「二人ずついくぞー…まずは頭撫でてやるよ」

和「ん…ふぅん……」

優希「~~♪♪」

京太郎「よしよし…ほら、遠慮しないで抱きついてもいいんだぞ?」

和「え、そ…それでは……んん」

優希「言われなくてもスタコスラサッサだじぇ~♪」

京太郎「おい、そりゃ逃げるときの……まあいいか」

和「(頭を撫でられながら須賀君の胸板を堪能できるなんて……ああ、ここが天国でしたか)」

優希「(京太郎の体に足を絡めて抱きつくと…すごく、すごく落ち着くじぇ…)」

―10分後―

和「ふにゃぁ……ん…♪」ピクピク・・・

優希「じぇじぇぇ~ん……♪」ピクピク・・・


京太郎「さあ、次は…」グイッ

久「きゃあっ♪」

まこ「おっ♪」

京太郎「よしよし…」

久「きゃー♪わわっ、なにこれなにこれー!すっごくいいんだけどー♪んふふー♪」

まこ「テンション高いのう……んむぅ」

京太郎「はは、染谷先輩…もうコアラみたいに抱きついちゃって……」

まこ「仕方ないじゃろぅ……わしだって、わしだってぇ…ずーっとこうしてみたかったんじゃぁ………♪」

京太郎「これぐらいなら普段から言っていいんですからね…?」

久「もしもーし、私にもっとかまいなさーい、ほれ頭すりつけちゃうわよーぐりぐりー」

京太郎「はいはい…いい子いい子………どうですか?頭から背中を撫でられると猫になった気分でしょ?」

久「んんんー♪はぁぁぁ……やっぱりすごくいいわぁ、これお金とれるわよんっ♪」

京太郎「あはは…店出したって、せいぜいこの部内だけじゃあなぁ」

久&まこ「(ああ、知らないのか…よかった…♪)」

―10分後―

久「ひさ…ひさささ…♪」ピクピク・・・

まこ「まこ…まこここ…♪」ピクピク・・・


京太郎「ふう、ご満足いただけたようで……」

咲「ぶぅー……」プクゥ・・・

京太郎「おっと、振り向いたらフグがいた」

咲「フグじゃないもん…ほったらかされてちょっとブルーなだけの可愛い可愛い宮永さんだもん…」プクゥ・・・

京太郎「ああ…はいはい、忘れるものかよ、お前のことは一秒だって………さっ」グイッ

咲「んにゅうんっ♪…んもうっ、そうやってごまかそうとしたってむだなんだからねぇ~~…」スリスリスリスリスリ…

京太郎「咲ぐらいになると甘え方も慣れてるなぁ……ほら、首の後ろ、後ろ髪をかきあげるように撫でられるたいんだろ」

さき「んみゅうぅぅ~♪わかってるじゃなぁい…なでさせてあげるからぁぁ~……あとでちゃんとせっとしなおしてねぇ~…♪」スリスリスリスリスリスリ…

京太郎「はいはい、わかってるよ…わかってるから少しスリスリを減速してくれないか?ちょっと撫でにくいよ」

しゃき「いゃぁあだぁ~…きょーちゃんのおむねがきもちいいのがわるいんだもぉん…わたしはわるくないもぉん…♪」スリスリスリスリスリスリスリスリ・・・

京太郎「そうだな、お前がこんなにとろけきってるのも俺が悪いんだな」

ひゃぁひぃ「そうらよぉ~~…わかってるりゃにゃぁぁい~………んふぅぅぅぅぅぅーー…♪」スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ・・・


結局、30分は続きましたとさ



メリークリスマス

カンッ