京太郎「あ、マイハニー楓ちゃ~ん……もうすぐ出来るからね~……」カランッカランッ

京太郎「……何やってるんだろう…空の鍋に火なんか点けて……エア彼女とお話……」

京太郎「今日はクリスマス……一人寂しく空鍋パーティー……はぁ……サンタなんか死んじゃえばいいんだ!!」

京太郎「……虚しい」

ピンポーン

京太郎「ん?誰だぁこんな時に…はいは~い!」ドタドタ

ガチャッ

優希「メリークリスマス!京太郎!」

京太郎「ゆ、優希!…何か用か?」

優希「おう!今日は一人か?」

京太郎「……ああ、一人だよ。一日中な」

優希「ならば喜べ京太郎!今から二人だじょ!」

京太郎「……はっ?」

優希「察しが悪いな京太郎!今日一日私が一緒にいてやるって言ってるんだじぇ!」

京太郎「………」

優希「な、何だ?嬉しくないのか?」

京太郎「(ぶわぁ!)優希ぃ!ありがとう!愛してる~!」だきっ

優希「わわっ!///…とりあえず中に入れてくれぃ!寒くて死にそうだじぇ」

京太郎「あ、ああ!すまねえ。どうぞ、お姫様」

優希「うむ!お邪魔するじょ」

京太郎「…本当にありがとな、優希。お前が来てくれて嬉しいよ」

優希「べ、別に!私も暇だっただけだじぇ!///」

京太郎「そうか……まあ、ゆっくりしていってくれ」

優希「おう!」

こうして俺は優希と一日中過ごす事となった。ありがとう優希!ありがとうサンタさん!
メリークリスマス!

カンッ