純「うーい、かんぱーい」

京太郎「かんぱーい」

純「世間はクリスマスだってのにオレらはファミレスのドリンクバーで乾杯か」

京太郎「気楽でいいじゃないスか」

純「まぁな。ほんとは他の奴らも誘ったんだけど、あいつら付き合い悪くてよー」

京太郎「透華さんと一さんはパーティでしたっけ」

純「そうそう。んでともきは年末のなんとかっつー祭りで忙しいって」

京太郎「衣ちゃ…さんは?」

純「いい子にしてないとサンタが来ないっつってもうお休みだとさ」

京太郎「衣…さんらしいッスね」

純「そんで試しにお前に連絡したら捕まったってわけだ」

京太郎「あー、そういうわけだったんですね」
     (デートの誘いだと思って気合入れてきた俺のバカバカ!)

純「まぁアレだよ。たまにはこんなささやかなクリスマスもありだろ」

京太郎「そッスね…ハハ…」

純「おっ、そうだ。ほらよ」ヒョイ

京太郎「えっ?」ポスッ

純「プレゼント。急に付き合わせちまった礼も含めてな」

京太郎「純さん…」キュンッ

純「開けてみろよ」

京太郎「んい。…おお、マフラーッスか」

純「さっき買ったやつだけどな。お前に似合うかと思って」

京太郎「俺のために…ありがとうございます、純さん」

純「どれ、試しに巻いてみろよ…お、やっぱり似あってんなー。さすがオレの見立て」

京太郎「すごく、あったかいッス…」

純「はは、そりゃ良かった。んじゃ飯にするか」

京太郎「はい!」

京太郎(ああ…たとえこの想いが一方通行だとしても…)

京太郎(今感じるこの幸せは本物だ…)

京太郎(ありがとう神様…俺、今すごく幸せです…!)

カン