咲「きょーちゃーん! どこいったのー!」

和「京太郎くん! 性夜なのになんでいないんですかーっ!」

咲「いじわるしてないででてきてよーっ!」

和「早くクリスマスプレゼントに京太郎くんの子種を! 赤ちゃんをくださいよっ!」

咲「…どこに行ったのかな?」

和「何処かに逃げたようですね…近くにいるでしょうから探しましょう!」

咲「うん! 一緒に頑張ろうね!」



京太郎(何だこの寒気は…岩手に逃げてきて正解だったか…)ブルッ

白望「どうかしたの?」

京太郎「いや、なんでもないよ。コタツあったかいねー」

白望「うん…ダルくない…」

京太郎「クリスマスなのに押しかけちゃってごめんね」

白望「別に…京と過ごせるなら悪くないから」

京太郎「はい、みかんむけたよー」ヒョイ

白望「うん、やっぱりコタツにはみかん」パクッ

京太郎「そういえば急に来ちゃったけど姉さんは予定とかなかったの?」

白望「この後みんながうちに来るくらいしか予定がない…」

京太郎「えっと…俺もいていいのかな…?」

白望「大丈夫…みんなも京に会いたいっていってた」

京太郎「あーそう言ってもらえると嬉しいな」

白望「それよりさ…」ズイッ

京太郎「なっ、なにかな?」ビクッ

白望「性夜にわざわざうちに来るってことはそういうことだよね…みんなが来る前に1回しちゃおう…」ガチャガチャ

京太郎「ちょっと! ズボンに手をかけないで!」

白望「ダルいけど私が全部してあげるから…大丈夫、きっと気持ちいいから…」

京太郎「だめだよ…近親相姦なんて…」

白望「愛さえあれば大丈夫…京太郎の子供作ろ?」

京太郎「…」プツン

カン!