京「う・・・。」

?「あ、目が覚めた?」

京「ここは・・・。」

?「びっくりしたよー。道端で倒れてるんだもん。」

京「咲・・・?」

咲「なぁに?京ちゃん。」

京「お前・・・急に髪がのびたな?その縛り方は部長の真似か?」

咲「それ、前にも言ったでしょ。もう・・・。」

京(ん・・・なんだ、何か違和感が・・・。)

咲「あ、立っても大丈夫なの?」

京「ああ・・・って!!」

咲「ん?どうしたの?」

京「お前、背も伸びてるじゃないか!それに・・・」

京(胸でかっ!和並とはいかないが、Dはあると見たね!!)

咲「それに・・・何?」

京「い、いやなんでもない!!」

咲「京ちゃん、何か変だよ?・・・というか背、縮んだ?髪型もちょっと違うし・・・というより一年生の頃に戻ったというか・・・。」

京「・・・!!なるほど。」

咲「何?どうしたの?」

京「俺、タイムスリップした。」キリッ

咲「・・・・・・えぇ?」



咲「ちょっと信じられないけど・・・そう考えるしかないかな。君は確かに一年生の頃の京ちゃんみたいだし。」

京「咲に君呼ばわりされるとはな。どうせ今でもどんくさいんじゃないか?」

咲「むぅ、そんなことないよ。京ちゃんはいつも私に助けられてばかりなんだから。」

京「どうだか・・・さてこれからどうしよう。」

咲「とりあえずウチに来なよ。今日は誰もいないし、君が誰かに会っちゃうのはまずい気がするよ。」

京「おお・・・そうだな。」

京(なんという的確な判断・・・た、確かに少しは成長しているみたいだな。)

咲「それじゃ、行こう!」


京「おじゃましまーす。」

咲「はい、いらっしゃい。とりあえず晩ご飯にしよっか。ちょうど買い物に行ってきたところだったの。」

京「おー、じゃあ頼むよ。材料足りるのか?」

咲「ちょっと多めに持ってきたから大丈夫だよ。じゃあちょっと待っててね。」

京「おおー・・・。テレビ番組も少し変ってる・・・なんかショックだな。」

京「何、あれは終わってしまったのか!?好きだったのにー。」

咲「もう、京ちゃんったら。」


京「いただきまーす」

咲「どうぞー。」

京「う、うまい・・・上達したな。」

咲「そう?ふふ、ありがと。」

京「うん、これもいける。」

咲「京ちゃん、あーん。」

京「な、なんだよ?」

咲「食べさせてあげる♪」

京「いいって!なんか恥ずかしい・・・。」

咲「恥ずかしくなんかないよー。ほらほら。」

京「う・・・あーん!」

咲「ふふ、おいしい?」

京「ああ、うん。すごくおいしい・・・です////」


京「ごちそうさま!」

咲「はい、おそまつさまでした。」

京「うん、本当においしかったぞ。」

咲「ありがと。じゃあ洗い物してきちゃうね。」

京「おーう。」

咲「あ、じゃあお風呂入る?着替えはお父さんのを持ってくるよ。」

京「ああ、じゃあそうしようかな。」

京「そういえばここの風呂に入るのも久しぶりだなあ。昔は結構来たけどな。」ガラッ

京「ふう・・・極楽極楽。」

咲「着替えここに置いとくねー。」

京「おう、さんきゅ。」

咲「お湯加減どお?」

京「おー、ちょうどいい感じだ。」

咲「そう。よかったよー。」

咲(ふふ・・・。)ゴソゴソ

京「人ん家で入る風呂ってのもなかなかいいもんだな~。」

咲「きょーうちゃん♪」ガラッ

京「うぇあ!?な、何やってんだお前!!」

咲「へへー、一緒に入ろうと思って。」

京「いや、それはまずいと思うぞ色々と!」

咲「そんなことないよー。タオル巻いてるし、それに前にも一緒に入ったことあるんだから。」

京「えぇ!?そ、そうなのか・・・それならいい、のか?」

咲(じつは嘘なんだけど、ちょっとくらいいいかな?ふふ。)

咲「京ちゃん、背中流してあげる!」

京「う、ああ・・・・////」

咲「京ちゃん、顔真っ赤だよ?私の裸見ていやらしいこと考えてるのかなー。」

京「そ、そんなわけないだろ!咲のなんか見ても何も感じません。」

咲「ふーん?」ぎゅっ

京「お、おまえ・・・!!」

京(や、やばい・・・というか胸・・・!////)

咲「♪~」


咲「さて、そろそろ寝よっか。」

京「なんか疲れた・・・。で、俺はどこで寝ればいいんだ?」

咲「へ?ここで、だけど。」

京「布団はひとつしかないのだが・・・。」

咲「ふーん、京ちゃんは私と寝るの嫌なんだ?」

京「嫌ではないけど、その・・・」

咲「じゃあいいでしょ?」

京(くそぅ・・・咲に振り回されてばかりだな。こんな日が来るとは!)

咲「じゃあおやすみ!」

京「おやすみ・・・・。あんまりくっつくなよ!」

咲「イヤ。京ちゃんあったかくて気持ちいいんだもん。」

京「やめろってー。胸とかあたってるんだぞ!」

咲「んー。あててるんだもん。」

京「こ、この!////」

咲「ふふ、今は私のほうがお姉さんなんだからね。」ナデナデ

京「な、なでるなー!」

咲「あはは、京ちゃんが衣ちゃんみたい。」


咲「うーん・・・あれ?」

京「ぐー・・・。」

咲「ふぇ!?きょ、きょ、京ちゃん!!??」

京「む?朝か・・・おはよう咲。」

咲「な、なんで京ちゃんが私の布団の中に入ってるのー!」

京「へ?お前が一緒に寝るっていったんじゃないか・・・ふぁ。」

咲「わ、私そんなこと言ってないよ!ていうか京ちゃんいつの間に部屋に入ったの?」

京「んん?お前・・・胸しぼんだ?」

咲「っ!!京ちゃんのバカーーッ!!」バチーン

京「ぐふっ!」

京(ああ、俺戻ってきたのか・・・。けどもっと違う所に戻してほしかった・・・。)

名前:
コメント: