姫子「お疲れ様でーす!お先に失礼します!」

哩「おう、お疲れ~」

京太郎「お疲れ様です!……姫子先輩っていつも早いですよね」

哩「まあ、あいにはあいの事情があっけんな」

京太郎「へぇ~、どんな事情だろ……」

哩「(お、そうだ!)なぁ、京太郎。今から暇あいや?」

京太郎「はぁ、暇ありますけど……」

哩「したらさ、今から飯食いいかんや?」

京太郎「ええ、いいですよ」

哩「よし!」

…………
………

ガタンッガタンッ

京太郎「あの~、今からどこに行くんですか?」

哩「ん?佐賀までけど?」

京太郎「はぁ!?佐賀!?」

哩「なんや、明日どうせ休みやろうが。別によかやっか」

京太郎「まあいいですけど……」

\次は佐賀、次は佐賀です/

哩「よし降りるぞ」

京太郎「は、はい!」

…………
………

京太郎「で、どんな店なんですか?」

哩「ん?まあ洒落た店じゃなかばってんが味は保証するぞ」

京太郎「?定食屋とかですか?」

哩「まあそんなとこ。お、着いたぞ」

京太郎「はぁ…本当に定食屋なんですね…」

哩「おう。ん?電話の鳴りよんな…ちと先に入っとって」

京太郎「あ、はい」ガラガラッ

姫子「あ、いらっしゃいませ!お一人ですか?」

京太郎「いえ、二名で…す……」

姫子「あ、二名様です…ね……」

姫子・京太郎「あーっ!!」

姫子「な、なんで京太郎がこがんとこにおっと!?なんで!?なんで!?」アタフタ

京太郎「い、いえ!それはこちらの台詞ですよ!姫子先輩!」アタフタ

哩「ちーっす!やっとるかー?」

姫子・京太郎「あ、部長!これはどういう事ですか!?」

哩「おお、見事にハモったなぁ。京太郎、ここの看板見らんやったいや?定食屋鶴田、つまりここ姫子んちぞ。そいで私達は飯食いきたって訳さ。OK?」

京太郎「はぁ、道理で佐賀まで行くわけだ……まさか姫子先輩の家とは……」

姫子「もぉ…ぶちょーは意地悪かばい」

哩「愛する恋人同士の中に私がおったら邪魔やろ?私は帰ろうか?」

姫子「いえ、せっかくなんで食べてってください。…それで、何にします?」

哩「そっさねー、じゃあ唐揚げ定食で」

京太郎「あ、俺も同じやつで」

姫子「唐揚げ定食二つですね、畏まりましたー」

京太郎「しかしびっくりしましたよ。まさか姫子先輩の家だなんて」

哩「おうよ、わい達ばびっくりさすっために敢えて伏せとったけんな。成功して何よりばい」

…………

姫子「お待たせしましたー!唐揚げ定食二つです」

哩「お、来た来た!そいじゃ頂きます!」

京太郎「頂きます!(もぐもぐ)美味い!」

哩「そらそうやろ。なんせ姫子の愛情がたっぷり入っとるけんな」ニヤニヤ

姫子「…っ!!///」バシバシ

哩「ちょっ!?痛い痛い!ごめんって!謝っけん叩かんで!」

京太郎「でも本当に美味しいですよ!」

姫子「え…?本当?良かったぁ」

哩「味付けのいつもと違うな。今日は親父さんじゃのうして姫子が作ったろ?」

姫子「あ、やっぱ分かりますか?」

哩「まあ、私もここに通いだしてなんかけんなぁ」

京太郎「へぇ、姫子先輩って料理上手なんですね」

姫子「う、うん…///ありがと…///」

哩「……」ニヤニヤ

姫子「な、何ですか!?ぶちょー!」

哩「いんやー、ただいつもより可愛かなぁ~って思ってさぁ」ニヤニヤ

姫子「…っ!///」バシッバシッ

哩「痛い痛い!ごめんって!ごーめーんって!」

…………
………

哩・京太郎「ご馳走様でした!」

姫子「はい!お粗末様です!京太郎は350円ね」

京太郎「…えらく安いですね」

哩「ほぉ~半額か~。やっぱ彼氏には優しかね~」ニヤニヤ

姫子「……ぶちょーは1050円です」

哩「ちょっ!?店長ー!なんか私のだけたっかとけどー!!」

姫子「いつもからかってくる罰です!まあよかじゃないですか。いつもは二割引きで出してるんで」

哩「むぅ…確かに…。分かった、1050円ね」

京太郎「350円です」

姫子「はい!毎度あり~!またのお越しを~」

哩「よし!けえるぞ京太郎!」ガラガラッ

京太郎「あの~……その事なんですけど~」

哩「なんや?なんかあったいや?」

京太郎「もう終電終わってます…」

哩「……あっ」

カンッ