菫「淡、お前は京太郎が好きなのか?」」

淡「はぁ!?なに言ってんの!誰があんなやつなんか!」

京太郎「おーい淡ー」

淡「な~に?きょうたろ~♪」(ポヤーン)

菫「それだそれ…」

誠子「私も見ました、なあ淡…京太郎が好きなんだろう?」

淡「だ・か・ら!!二人とも変なこと言わないでってば!!私は京太郎のことなんか、京太郎のことなんか!!」

京太郎「淡ーモンブラン食べるかー?」

淡「うん食べる~♪あーんして、あーんって♪」(ポワーン)

尭深「(ズズ…)淡ちゃん……私たちの目にはどう見ても京太郎くんのことが大好きとしか映らないよ…」

淡「ばっ!!なによ!!皆して私のことからかってるの!!?どういうつもり!!」

京太郎「照さん、あーん」

照「あ~ん……んっ、おいちー♪京ちゃんに食べさせてもらうとほっぺた落ちちゃうー♪」(フニャーン)

淡「あ~ずるいよテルー、私も京太郎にあーんして欲しかったのにー」

京太郎「食べるって言ってたのに来るの遅いからだろう?ほらお前にも食わせてやるから」

淡「うんっ!あーん♪…んふふ、おいしいよー♪」

菫「……なあ、照」

照「なに?」(キリッ)

菫「お前は京太郎のこと好きか?」

照「須賀京太郎はただの男子部員、それ以上でも以下でもない」(キリリッ)

京太郎「照さん、もう一口どうです?」

照「うんっ♪食べりゅぅ~♪」(フニャニャーン)

菫「はぁ…」

誠子「まったく……」

尭深「(ズズ…)」

京太郎「あっ、皆さんの分もありますよーよろしければこっちで食べませんかー?」

菫「はぁ~い♪いま行くぅ~」(トローン)

誠子「京太郎、私もぉ~♪私も京太郎にあーんされたーい♪」(トロローン)

尭深「……私は口移しが、いいかな…♪」(トロロローン)



カンッ