咲「……あれ?」


京太郎「……んっ?」


咲「ここ、どこ……?」


京太郎「おいおい、また迷子になってんのか?全くしょうがねえなあ……」


咲「ううっ、京ちゃあん……」

京太郎「おーい、咲」

咲「あっ、京ちゃん!」

京太郎「なんだ、また迷子か。一体いつになったら慣れるんだお前は」

咲「ご、ごめんね」

京太郎「まっ、お前らしくていいけどさ。ほら、行こうぜ」

咲「うん!でも京ちゃんはすごいよね」

京太郎「何がだ?」

咲「だってどんなに私が迷子になってもすぐ見つけてくれるんだもん」

京太郎「……」

咲「京ちゃん?」

京太郎「まあ、付き合い長いからお前の行動パターンはだいたいわかるからな。俺にかかれば迷子の咲を探すのなんか朝飯前ってこった……あっ、そうだ咲」

咲「なに京ちゃん?」

京太郎「この前プレゼントしたキーホルダーどうしてる?」

咲「えっ?いつも持ち歩いてるけどそれがどうしたの?」

京太郎「いや、寂しくなったらそれを俺だと思ってくれればいいからな」
咲「むっ、そこまで子供じゃありませんよーだ」

京太郎「ははっ、悪い悪い」

咲「もう!」

――

咲「もう京ちゃんったら……また私をからかって」


京太郎「……」


咲「ふふっ、でも京ちゃんはやっぱりすごいなあ……いつも私を見つけてくれる」


京太郎「……」


咲「そんな京ちゃんが私は……好きだって本人を前に言えたらいいのに」


京太郎「……大丈夫だよ。お前の気持ちはとっくの昔にわかってるからさ」


咲「あっ、はーい。お風呂お風呂……」


京太郎「……さすがにそこまでは持ってかないよな。はあ、ぬいぐるみに続いてキーホルダーも失敗か」

カン!