京太郎「はぁ……彼女欲しい……」

全員「っ!!?」ガタッ

咲「京ちゃん!私がなってあげようか!?」

和「いえ、須賀君に咲さんは勿体ないです。私くらいが丁度釣り合い取れるでしょう。という訳で私がなります!」

優希「京太郎と一番仲が良いのは私だじぇ!京太郎とは私が付き合うべきだじょ!」

久「ふっ…!ケツの青い小娘どもは引っ込んでなさい!須賀君は私と付き合うのよ!」

まこ「いやいや、京太郎はわしと付き合いたいと思っとるじゃろ!の?の?」

京太郎「え?皆さん何の事ですか?」

咲「(先手必勝!)さ、京ちゃん!デート行こう!?」グイッ

京太郎「え?え?」

優希「させるかー!私と行くぞ!京太郎!」グイッ

京太郎「えぇっ!?何?」

和「前から失礼!」だきっ

京太郎「柔らかい……じゃねぇ!」

久「負けられない!」だきっ

京太郎「いや!マジで何なのこれ!?」

まこ「もはや背中しか残っとらんか!」がばっ

京太郎「いやいや!ホントに意味わかんないすよ!」

全員「私と付き合いなさい!!」ぎゅうっ!ぎりぎり

京太郎「誰か助けてー!!」

カンッ