京太郎「綺麗ですねー」

ゆみ「夜の雪はいいものだな。風情がある」

京太郎「うわ、凄い積もってますよ」

ゆみ「寒波が来ると聞いてどうなるかと思ったが、これはこれで良かったかもしれないな」

京太郎「十分気をつけてくださいね。滑ったら危ないですよ」

ゆみ「言われなくてもわかってる。大丈夫だよ」クルッ

京太郎「……絵になりますね」

ゆみ「いきなりどうした?」


京太郎「雪の中、温泉に浸かる見返り美人。浮世絵とかにありそうなシチュエーションですよ」

ゆみ「見返り美人なんて言っていて恥ずかしくならないのか」

京太郎「ただ見たまま言っただけですから全然」

ゆみ「ん……そうか。私の方は恥ずかしいんだが」ブクブクブク

京太郎「いいじゃないですか。温泉に入ってるとなんか気分が開放的になって、そういうことも言えちゃうんですよ」

ゆみ「……エッチ」

京太郎「色っぽいゆみさんが悪いんです」

カンッ