京モモ「先輩、誕生日おめでとうございます!」「っす!」

ゆみ「ああ、ありがとう」

京太郎「先輩、喉乾いてませんか? 今お茶いれますね!」

ゆみ「ああ、済まないな、京太郎」

モモ「先輩、先輩のためにお菓子作ってきたっすよ!」

ゆみ「ありがとう、モモ」

京太郎「先輩、肩おもみ致します!」

ゆみ「いや、そんなに気を遣わなくても」

モモ「そうっすよ。京太郎はお邪魔っす。さて先輩、足をマッサージ致しますっす」

ゆみ「いい、いいから!」

智美「ワハハ、ゆみちんは愛されてるなあ」

ゆみ「お願いだから二人を止めてくれないか」

智美「それは無茶なお願いだなー」

モモ「京太郎は少しは遠慮することを覚えた方がいいっすよ」

京太郎「モモこそ、先輩には俺がご奉仕するから引っ込んでてもいいんですよー?」

モモ「ご奉仕ならステルスモモの独壇場っすよ! これを見るっす!」バイーン

京太郎「くっ、何ておもちだ!」ガクッ

モモ「京太郎には無いっすよねぇ…? ご奉仕する肉体!」

京太郎「悔しいが認めざるをえない…!」

智美「(こいつら仲良いなー)ワハハ、あんなこと言ってるけど、どうするゆみちん?」

ゆみ「私は京太郎の胸板も捨てたものではないと…」

京モモワハ「!?」

ゆみ「あっ、いや、今のはちがっ」

京太郎「先輩! そんなに俺の身体を求めていたなんて!」ダキッ

ゆみ「ちょっ、京太郎止めろ! あと身体とか言うな!」

モモ「そんなっ、先輩目を覚まして下さいっす! この男の身体のこと私が忘れさせてあげるっす!」ギュッ

ゆみ「モモもひっつくなー! か、蒲原!」

智美「…ゆみちん、意外とえっちなんだな」

ゆみ「ちがあああう!!!!」
カンッ!