ゆみ「京太郎、今日はなんの日かわかるか?」ドキドキ

京太郎「もちろんですよ。クリスマスイブの3日前ですよね」

ゆみ「……」ウルウル

京太郎「じょ、冗談ですって! 誕生日おめでとうございます」

ゆみ「冗談でもそういうことを言うな!」

京太郎「す、すみません!」ドゲザ

ゆみ「まあいい。これで私も18か……」

京太郎「免許証の取れる年齢ですね」

ゆみ「……蒲原を見ていると取りたくなくなるな」

京太郎「むしろゆみさんに取ってもらって運転を代わってもらったほうが……」

ゆみ「そういう考えもあるか」

京太郎「そうですよ。免許を取って、ゆみさんと蒲原先輩が卒業する前にみんなで旅行に行きましょう!」

ゆみ「卒業か……。休みも考えるともうあと3ヶ月もないんだな」

京太郎「そうですね。短かったです」

ゆみ「大学に行っても今みたいに会えるか?」

京太郎「当たり前じゃないですか。俺がゆみさんのこと、どれくらい好きだと思ってるんですか? 多少無理してでも会いに行きますよ」

ゆみ「ありがとう、京太郎。それで私の事はどのくらい好きなんだ?」

京太郎「素でキス出来んほど本気で好きです」

ゆみ「ふふっ、そうか。なら私からするしかないな」

京太郎「えっ?」

チュッ

京太郎「!?」

ゆみ「好きの印のキス」

ゆみ「どうだった?」ニコッ

カンッ