京太郎「あの、玄さん…ちょっといいですか?」

玄「ん?何かな?」

京太郎「ここじゃちょっと……とりあえず二人になれる場所に移りません?」

玄「うん、いいよ!」

…………
………

玄「それで、何の用かな?」

京太郎「えっと……じ、実は……!」

玄「(なんだろう?もしかして告白とか!?きゃー!)」

京太郎「俺、灼さんの事が好きなんです!」

玄「(ズルッ)へ、へぇ~そうなんだ……」

京太郎「はい!それで灼さんが俺の事どう思っているか知りたくて……玄さんって灼さんと同じクラスですよね?できればそれとなく確認してもらえませんか?」

玄「う、うん……分かった。この玄さんにおまかせあれ!」

京太郎「ありがとうございます!ではこれで!」

…………
………

玄「……はぁ…まさか灼ちゃんが好きだなんて……失恋、しちゃったなぁ………もし、灼ちゃんが京太郎君の事好きって言って、それを伝えたらきっと告白するよね……」


玄「もし…もし灼ちゃんが京太郎君の事嫌いだって嘘付いたら……京太郎君は私の事見てくれるようになるかな……?」


玄「うぅん!駄目だよ!京太郎君の幸せのため、灼ちゃんとの友情のためにもそれはやっちゃ駄目!よし決めた!灼ちゃんの気持ちを正直に伝えよう!」

~数日後~

京太郎「灼さん…///好きです…///」

灼「京太郎…///私も…///」

~~~~~~

玄「これで……これで良かったんだよね……二人とも嬉しそうな顔してるもんね……うん!良かった良かった!……ぐすっ」

宥「玄ちゃん……辛かったね……悲しかったね……でも、よく頑張ったよ…!今日は私の胸を貸してあげるから……いっぱい、泣いていいよ……」

玄「おねーちゃん……!うえ~~~~ん!!」ブワッ

宥「よしよし…玄ちゃんにならきっと良い人がすぐに見つかるよ……だから…ね?」

玄「うん!うん!」ぐすっひっく

晴絵「…誰かが幸せになった裏で、誰かが不幸になる事もある。人生ってな儘ならないもんだね」

カンッ