京太郎「悪いね。メシご馳走になっちゃって」

憧「別にいいけど、あたしんとこでご飯食べてきたなんて言ったらまた玄に怒られるんじゃないの?」

京太郎「それは……まぁ、うん。なんとか誤魔化すよ」

憧「あっそ、それより早く食べちゃわないと冷めるわよ」

京太郎「おっと、そうだった」パクパク

憧「なんでも美味しそうに食べるわよね京太郎って」

京太郎「特に嫌いなものとかはないけど」

京太郎「ネジやナットはあんまり好きじゃないな……」

憧「好きとか嫌いとかって以前にそれは工業部品でしょうが」

京太郎「憧は知らないんだよ……そんな日本情緒溢れる食卓の惨劇を……」

憧「あんたが玄のところに帰りたくない理由がなんとなくわかったわ」

京太郎「一応玄の名誉のために言っとくけど、普段は良妻なんだぞ?」

憧「今の会話でどうやってそう判断すればいいのよ」



※浮気ではないです