京太郎「あ、憧…!!」

玄「あ、京太郎君!えへへ、見て見て!綺麗な死に顔でしょ?」

京太郎「宥さん、穏乃だけに飽きたらず、憧まで殺したのか!?」

玄「だって…みんな私と京太郎君の仲を邪魔するから…」

京太郎「邪魔するだなんて…!みんな俺達の仲を祝福してくれてたんだぞ!」

玄「嘘だよ!そんなの……みんな京太郎君の事、狙ってたもん……でも、私と京太郎君の仲を邪魔する人はあと灼ちゃんと赤土さんだけ……。その二人も後で殺してあげるから心配いらないよ」

京太郎「もう、後戻りできないけど……後戻りする気もないんだね?」

玄「うん、ないよ!だって、あと二人殺せば私と京太郎君、二人だけの世界が出来るんだよ!後戻りなんて、できないよ」

京太郎「そうか……。…玄さん」ぎゅっ

玄「あっ…えへへ、京太郎君温かいなぁ…幸せだよぉ」

京太郎「玄さん…!」ぎりぎり

玄「んっ…!ちょ、ちょっと力が強いよ、京太郎君。もう少し優しくしてほしいな」

京太郎「………」ぎりぎり

玄「い、痛い!痛いよ京太郎君!京太郎君!?きょ…(ボキィッ!!)がはっ…!!」

京太郎「………」ドサッ

玄「な…で……きょ……くん……」

京太郎「………玄さん、ごめん……愛していたよ」

カンッ