京太郎「オ…オネガイシマス…」カチコチ

姫子「ふふっ…きょーたろー緊張しちょうるね?」

哩「うちらも男とするんは初めてやけん、そげな堅くならんでええ」

姫子「堅くするんはここだけでよかよ?」サスサス

京太郎「うっ…」ビクッ

姫子「そげな震えて…かわいか!」

哩「ほら京太郎…んっ…」チュッ

京太郎「ちゅっ…じゅるっ…」

姫子「ずるか! 私も!」

京太郎「ちょっ…ふきゅ…」

哩「3人でキス…きもちよかぁ…」チュパチュパ

姫子「そうですねぇ…」レロレロ

京太郎「あの…キスもいいんですけどそろそろ…」

姫子「キスだけじゃ我慢できんと?」

哩「じゃあ…」ジャラッ

姫子「始めっと!」ウイィィン

京太郎「あの…その手に持っているのは…」

哩「よかよか、縛るんもしゅぐによくなるから」

姫子「おしりも気持ちよかこと教えちゃる」

京太郎「ひいぃぃぃっ!」シュン

姫子「あっ…」

哩「萎んでしもた…」



姫子「あむっ…じゅるるっ!」

哩「いかんだ…姫子ば舐めても勃たなか…」

京太郎「くそっ! 勃つんだ息子よ! 卒業できるんだぞ!」

姫子「ぷはっ! これ今日はもういかんかいな…」 

哩「しかたなか、今日は京太郎ば見学ちゅうこって…」

京太郎「ちくしょおぉおぉぉぉぉっ!!」

カン!