すがけのいちにち 晩飯編

美穂子「みんなー晩ご飯ですよー」

ハーイ!!

ドタドタドタ…

京太郎「うぉっ、なんだこのトンカツ!?何というか…市販のものとは輝きが違うぜ!」

淡「そりゃミホ姉の手作りだからね!」フフン

京太郎「うん、それは解るけど何でおまえが威張ってんの?」

淡「うるせぇ馬鹿」

京太郎「んだとコラァ!」

淡「愚弟、ばーか、あーほ」

京太郎「よーしそこを動くなその髪まとめて引っこ抜いてやるァ!」

ドタンバタン

美穂子「あ、あらあら…どうすればいいのかしら…」オロオロ

佳織「お姉ちゃん、晩ご飯出来たって…うわぁ…」

美穂子「あら、佳織…これ、どうすればいいのかしら…」

佳織「うーん…私達にはどうしようもないと思う…けどそろそろ帰ってくる頃だろ」ガラッ「あ、言ってる間に…お帰りなさい」

??「ただいま…で、あの二人は?」

淡 京太郎ドスンバタンギャーギャー

佳織「見ての通り…かな…」

??「…」ハァ

美穂子「あ、あの…手加減してあげて…ね?」

??「まったく、お前はいつも甘いな…わかったよ。95%で勘弁してやる」ツカツカ

佳織「それ手加減って言わないんじゃ…あ、お姉ちゃんソースどこだっけ?」

美穂子「そこにしまってあるけど…今日のは味付きよ?」

佳織「んー…まぁ一応ね。トンカツって言ったらソースと辛子だし」

………

??ツカツカツカ

京太郎「大体いつもおまっ」ガッ

淡「何さあんたこそ姉をっ」ガッ

??「…」ゴゴゴゴ

京太郎「なぁ…この手って」カタカタ

淡「奇遇だね…私も同じこと思ってるかも…」カタカタ

京太郎「一応言っとくか…」

淡「うん…」

淡京太郎「「お、お帰りなしゃいませ…貴子姉様」」カタカタカタ

貴子「ああ、ただいま…ついでに私が帰ってきても騒いでたお前らの処遇はわかってるな?」ゴゴゴゴ

京太郎「慈悲は…ないんでしょうか…?」

貴子「…」ニッコリ

淡「もしかして…!」

貴子「あるわけねーだろ」ニッコリ

「「でっすよねー」」

貴子「ー夜に騒いでんじゃねえよこのクソガキどもがァ!」ゴシャア

「「ごめんなさいだしー!」」
ダシー
ダシー…
ダシー……
シー…………
華菜「にゃっ!?」ビクーン

…………
京太郎「」モソモソ

淡「」モソモソ

美穂子「あらあら…」

佳織「あ、お野菜切れた…お姉ちゃん、お代わりって」

美穂子「台所にあるわよ。ちょっと取ってくるわね…」

貴子「ああ、お前は座っとけ。酒を取りに行くついでに持ってくる」

美穂子「あら、そう?」

佳織「ありがとうお姉ちゃん」

貴子「ん」スタスタ

淡「…はむっ!」ヒョイパク

京太郎「あってめっ!俺のトンカツ!」

淡「もうくひのなひも~ん」モッキュモッキュ

京太郎「なら俺は…!」ヒョイパク

淡「あっ!端っこ…最後まで取ってたのに~!!」

京太郎「ふふーん」モッキュモッキュ

淡「~!」バンッ

京太郎「」バンッ

貴子「」ガンッ!!

淡京太郎「」ストン

美穂子「あらあら…テーブルを叩いちゃだめよ?」

淡京太郎「「…ゴメンナサイ」」

貴子「…」

美穂子「貴子姉さんもですよ?」メッ

貴子「…わかったよ」

佳織(すごく混沌としてるなぁ…あ、やった。茶柱立ってる)モキュモキュ


今日も須賀家は騒がしい…

カンッ